料理・グルメ

生で食べられるカボチャとは? 夏の新野菜「コリンキー」の美味しい話

著者:こばやし なつみ

タグ: , , ,

コリンキーの断面図【写真提供:こばやしなつみ】
コリンキーの断面図【写真提供:こばやしなつみ】

下処理も簡単 塩揉みしておけば、いろいろアレンジ可能

〇コリンキーの下処理
 コリンキーは、皮、果肉、さらに中の種、ワタまでも柔らかいのが特徴。食べる際には、種とワタは取り除きましょう。スッと簡単に包丁が入るので、下処理も手早くおこなえます。皮も非常に薄いので、そのまま食べることができますが、表面の凹凸などが気になる場合は、ピーラーで皮を剥くとよいでしょう。

コリンキーの種とワタはスプーンで簡単にくり抜ける【写真提供:こばやしなつみ】
コリンキーの種とワタはスプーンで簡単にくり抜ける【写真提供:こばやしなつみ】

 種とワタは、コリンキーの頭を上にし、4等分した1/4の状態からスプーンでくり抜くとスムーズに取り除くことができます。

コリンキーをキュウリのように塩揉みしておくといろんな料理に応用できる【写真提供:こばやしなつみ】
コリンキーをキュウリのように塩揉みしておくといろんな料理に応用できる【写真提供:こばやしなつみ】

 サラダにプラスしても、キュウリと塩揉みしても手軽でおいしいです。次回はコリンキーの食感を楽しむ切り方とおいしいレシピを紹介します。

(こばやし なつみ)

こばやし なつみ

半農半フリーランスPRプランナー。2009年に大学卒業後、東京のPR会社に就職。PRプランナーとして勤務後、14年に独立。同年、茨城県・水戸の兼業農家へ嫁ぐ。16年9月に茨城県立農業大学校いばらき営農塾(野菜入門コース)を修了、同11月に第1子を出産。現在は少量多品種(年間約30~40種)の野菜を義両親と共に作り、販売する傍ら、平日は執筆、意識調査の設計・分析等の仕事もこなしている。