料理・グルメ

旬野菜をシンプルに楽しむ“農家の嫁ごはん”レシピ 生で食べる「コリンキー」編

著者:こばやし なつみ

タグ: , , ,

そのほかいつもの料理にプラス 南蛮漬けにもナムルにも合う

 また暑い夏には、南蛮漬けやナムルなどを作るご家庭もあるかと思いますが、いつものお料理に切ったコリンキーをプラスしても食感や彩りを楽しめます。

コリンキーと人参と昆布のアジの南蛮漬け【写真:こばやしなつみ】
コリンキーと人参と昆布のアジの南蛮漬け【写真:こばやしなつみ】

〇千切りしてアジの南蛮漬けに
 箸が進む一品です。アジの南蛮漬けの具材に、皮ごと千切りしたコリンキーをプラス。漬け汁に浸してもコリンキーのシャキシャキ感はそのまま味わえます。

コリンキーと小松菜のナムル【写真:こばやしなつみ】
コリンキーと小松菜のナムル【写真:こばやしなつみ】

〇短冊切りでナムルに
 1cmほどに短冊切りにしてナムルの具に。味付けした後に、1〜2時間冷蔵庫に寝かせると、味が良くなじんで美味しいです。薄切りにしたほうが味のなじみは良いかもしれませんが、少し厚めに切るとコリンキーのコリコリした食感と甘みをより感じやすくなります。

(こばやし なつみ)

こばやし なつみ

半農半フリーランスPRプランナー。2009年に大学卒業後、東京のPR会社に就職。PRプランナーとして勤務後、14年に独立。同年、茨城県・水戸の兼業農家へ嫁ぐ。16年9月に茨城県立農業大学校いばらき営農塾(野菜入門コース)を修了、同11月に第1子を出産。現在は少量多品種(年間約30~40種)の野菜を義両親と共に作り、販売する傍ら、平日は執筆、意識調査の設計・分析等の仕事もこなしている。