Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

仕事・人生

27歳で6000万円の詐欺被害にも 女性起業家が語る挫折からの逆転

著者:Hint-Pot編集部・臼井 杏奈

ロフスの主力ブランド「マプティ」は挫折から生まれた【写真提供:ロフス】
ロフスの主力ブランド「マプティ」は挫折から生まれた【写真提供:ロフス】

100万人より10万人に必要とされればいい あえてニッチ路線を狙う

「マプティ」はパーツケアブランドで、バストクリームやデリケートゾーンの黒ずみケアなど現在は4アイテムを販売している。知人ら200人ほどにアンケートを取った結果、悩んでいる人が多かったのが胸とデリケートゾーンだったという。

「スキンケアのようなアイテムでは、大手美容企業が競合になってしまう。ニッチだけど需要のある、100万人は悩んでないかもしれないけど10万人は求めているものをやろうと思いました。稼げなければ周囲の人を幸せにできないし、私の会社の規模ではそのくらいの市場規模でよかったので」

 しかし、その需要は国内にとどまらなかった。詐欺被害の際に知り合った中国人のバイヤーが、中国進出のきっかけを作ってくれたのだ。

「当時はインバウンドの中国人の“爆買い”に乗っかって売る会社も多かったです。けれど私は中国に足を運び、向こうのインフルエンサーに商品を説明して使ってもらうように頼みました。彼女たちはSNSに投稿するだけでなく販売もしているのですが、日本から女の社長が来て直接話すなんて面白いな、協力しようという感じで受け取ってくれて」

 これをきっかけに中国で話題となり、展開を拡大。今や中国ナンバー1のECサイト「Tモール」にも旗艦店を出店しているが、これは中小企業では極めて異例のことだ。この評判からアメリカ、カナダなどの北米、シンガポールなどにも展開し、今後さらに東南アジアなどで展開していくという。

「失敗もすべて糧になっています」と晴れやかな顔で語る田中社長。その前向きなマインドはどこから来たのだろうか。次回は幼少期を過ごした海外と幼児教育スクール、そして女性の社会進出について話を聞く。

田中麻里奈(たなか・まりな) 1988年生まれ、30歳。パーツケアブランド「マプティ(MAPUTI)」など美容製品を扱うロフス(lojus)社長。父の転勤に伴い、幼少期をアジア各国で過ごす。帰国後、青山学院大学高等部に入学。青山学院大学 国際政治経済学部を卒業後はIT企業で4年間働き、2015年に起業し、現職。

(Hint-Pot編集部・臼井 杏奈)

仕事・人生のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly