Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

「おばあちゃんの味」 手軽で栄養満点の松山郷土料理レシピ2選

著者:Hint-Pot編集部

4日(日)までせとうち旬彩館で振舞われている無料の「なもしランチ」。手前が「おもぶりごはん」【写真:公益社団法人松山市シルバー人材センター】
4日(日)までせとうち旬彩館で振舞われている無料の「なもしランチ」。手前が「おもぶりごはん」【写真:公益社団法人松山市シルバー人材センター】

残った煮物を混ぜたリメイク料理が起源 「おもぶりひじきごはん」

「もぶる」とは松山の方言で、「まぜる」を意味するのだそう。もともとは、人が大勢集まるときや農繁期の手間いらずの料理で、たくさん煮物を作った際に余ったものを細かく刻んで、ご飯に混ぜて食べたという、いわゆるリメイク料理。現在でもなつかしい味として、具材を炊いて、ご飯に混ぜて食べています。

 里芋は絶対に入れるなど、家庭によって味や具材はさまざま。暑いこの季節は、最後に梅干しを入れると傷みにくく、さっぱりといただけるのでおすすめなのだそうです。

【材料】
米      5合
ひじき(乾燥) 10g
ごぼう    70g(中・約1/2本)
にんじん   100g(中・約1/2本)
松山揚げ   10g(約1/2枚)
じゃこ天   2枚
さやいんげん 適量

A
だし汁 320cc
みりん 40cc
砂糖  20g
醤油  40cc
梅干し 2個

【作り方】
1、米を炊く
2、乾燥ひじきは水で戻す
3、ごぼう、にんじん、松山揚げ、じゃこ天を食べやすい大きさに切る
4、Aを合わせ、3を入れ、汁気が無くなるまで煮る
5、炊きあがったご飯に4を入れ混ぜる
6、さやいんげんをご飯に散らす

 簡単にできて、何品目も摂れる栄養満点な2品。ぜひ旅行に行ったような気分で、松山の「おばあちゃんの味」にチャレンジしてみてください。

(Hint-Pot編集部)

食のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly