育児・家族

実録・義母のせいで小姑と険悪に 「事情が事情だけに口を挟んでいいものか…」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

原因は義母!? 義妹が敵視する本当の理由とは

 エリカさんに対する理不尽な態度はその後も続き、最近になって義妹のそうした態度の真相が判明しました。それは、そろそろ改築に向けて準備をしようと、義両親のもとへ話し合いに訪れたときのことでした。土地や家の名義について話をしているときに、お彼岸も近かったことから義母から義妹家が最近お墓を買ったことを聞かされたそうです。

「義母から『これで安心ね』と言われたのですが、私達より年の若い義妹夫婦がなぜ突然お墓を買ったのか不思議に思い、買った理由を聞いたんです。そうしたら義妹が私に対して憎しみを向けてくる理由がやっとわかりました」

 義母によると、義妹は23歳で授かり婚をし出産するも、病気が原因で1歳にならないうちに亡くなってしまった子どもがいるのだそうです。その後、子どものお骨はしばらく義妹の自宅に置かれていたのですが、亡くなってから1年ほどが経った頃、義母の強いすすめで義実家のお墓に納骨をしたといいます。

 しかし、3年ほど前エリカさんと知宏さんの婚約を機に、義母の態度は一変。義妹夫婦に対し「長男夫婦がうちのお墓を継ぐから」と、早くお骨を移動するよう、エリカさんの知らないところで迫っていたというのです。

「義妹はどうやら私が言い出したことだと勘違いしているようでした。確かに長男の結婚は想定できることにも関わらず、義母のすすめで納骨した義妹にとっては、義母の心変わりはきっと新参者の私が言い出したせいだろうと思っても仕方がないと思いました」

 結局、義妹とはその後会えていないため誤解を解けていないというエリカさん。知宏さんにも相談しましたが、「もうお墓も買ってしまったし、そのうち気持ちも落ち着くだろう」と、誤解を解くのにあまり協力的ではない様子なのだとか。

「どうやら義妹が義実家に寄り付かないのは、授かり婚の際に義母と派手に喧嘩をしたことも関係しているようです。夫はこれ以上ふたりの仲を悪くしたくないというのが本音なのかもしれません」

 義実家にべったりの小姑も困りものですが、親子仲が悪く、兄の妻にまで敵意をむき出しにしてこられるのは困りもの。「事情が事情だけに私が口を挟んでいいものか……」とエリカさん。今後、義両親と同居をすれば、ますます義妹が帰ってきにくいのではないかと心配は募るばかりです。

(Hint-Pot編集部)