暮らし

LA在住ナチュラリスト直伝 ファーマーズマーケットの楽しみ方と日本との違い

著者:小田島 勢子

タグ: , , ,

マイクログリーン屋さん。たくさんのパレットが一面に並ぶ【写真:小田島勢子】
マイクログリーン屋さん。たくさんのパレットが一面に並ぶ【写真:小田島勢子】

日本では珍しいお店も顔を連ねる

 ロサンゼルスのファーマーズで人気の、日本ではあまり馴染みのないお店を少しご紹介しましょう。

 まずは、「発芽豆屋さん」。いろんな豆を発芽させ、生の発芽状態で量り売りをしています。発芽させた豆は本来豆の持つ毒素も抜け、栄養価も高くなっているので、健康食品としてひよこ豆から大豆、レンズ豆など幅広く食事に取り入れられています。

 そしてもうひとつ、種を発芽させてスプラウトを販売する「マイクログリーン屋さん」。日本でも栄養価が高く、栽培期間が短いことから注目を集めていますが、ここでは、日本のカイワレ大根のような姿で、ブロッコリーやアルファルファ、ひまわり、ケールやビーツなど、色とりどりのマイクログリーンがパレットに並びます。そしてお客さんの目の前で刈り取り、量り売りをしてくれます。

朝摘みのお花も色とりどり! 価格もとってもお手頃です【写真:小田島勢子】
朝摘みのお花も色とりどり! 価格もとってもお手頃です【写真:小田島勢子】

 そのほかにも地元の漁師さんが獲ってきたばかりの、新鮮なお魚やムール貝、山を超えてやってきた農家さんが売る形の不揃いな果物や、朝摘みの野の花、一つひとつ形も色も違う新鮮な卵など普段スーパーでは見ることのできない個性豊かな食材や生活雑貨が並びます。

 生産者の手から受け取る歪んだリンゴや虫食いの野菜たちは、特別おいしくて、昔この時期に柿の木に登って、熟した実を口いっぱい頬張った幼い頃の記憶が蘇ってきました。

(小田島 勢子)