健康・美

心身の状態は歩き姿に現れる!? ほぐして素敵になる3つのステップ

著者:村上 華子

タグ: , , ,

肩と二の腕の外側を意識する【写真:Hint-Pot編集部】
肩と二の腕の外側を意識する【写真:Hint-Pot編集部】

ステップ3 肩と二の腕の外側をゆるめる

1、右腕を持ち上げ、ひじを曲げる。左手で右ひじをつかむ
2、吐く息に合わせて、ゆっくりと痛まない範囲でつかんだひじを左側に引く(自然呼吸3~5回でキープ)
3、吐く息でポーズをほどき、余韻を感じる。次に、左右の腕を入れ替えて、反対側も同様に行う

【ポイント】
上半身はやや前屈みになってもOK。二の腕の外側の筋肉を気持ちよく伸ばしていきます。

 現代的な生活を送っていると、「ゆるむ」って、実は難しいのかもしれませんね。ヨガのアプローチでは、体を伸ばしながらポーズを保持(緊張)したあとに、吐く息とともに力を抜く(弛緩)、この動作を繰り返します。呼吸を意識しながら緊張と弛緩を繰り返すことで、少しずつ、体がリラックスしていきます。

 そして生活の面では、仕事や家事の合間に、体温よりも温かいお茶や白湯を飲んで、ほっとひと息つく時間も大切です。体の緊張をゆるめ、気巡り効果のある「ジャスミン茶の葛湯」もおすすめです。上手に体がほぐれて気が巡り出したら、街のウィンドウに映る歩き姿も、いきいきと素敵に見えるはずです!

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

ヨガインストラクター、薬膳フードデザイナー、6歳男児の母。OL生活のストレス解消法としてヨガを始める。身体が元気になると、心までいきいきする鮮やかな体験から、いつしかヨガが日課に。本格的なトレーニングを積んだ後、ヨガ仲間と銀座に「HASYOGA」スタジオを立ち上げる。出産してからは、家族の健康を担う母の役割として、食事作りに勤しむ毎日。そんな折にご縁あり、通い始めた薬膳の料理教室で「食材の効能を考え、体調や季節に合わせて作る食事」の奥深さに魅了される。現在は都内各地で、伝統的なヨガのエクササイズに加え、“身近な食材で作るおうち薬膳”をテーマにしたワークショップなども開催。中医学の理論に基づいた薬膳の知恵と工夫で、美味しく食べて、自分や大切な人を元気にするためのヒントを伝えている。ヨガと薬膳「季結び庵」主宰。
https://www.instagram.com/tokimusubian/