料理・グルメ

東京の老舗すき焼き店七代目が伝授 本当においしい「割り下」の黄金比

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:宮本 尚樹

タグ: , ,

【写真】見てるだけで食べたくなる! 老舗すき焼き店の七代目が伝授 本当においしいすき焼きの作り方、肉の選び方を写真でわかりやすく解説

  • 1、割り下の黄金比は「しょうゆ:みりん:砂糖:水=3:1:1:6」

【写真:キッコーマン】

この記事に戻る

宮本 尚樹(みやもと・しょうじゅ)

「伊勢重」七代目。 1869年に日本橋小伝馬町に創業した、東京でもっとも歴史が長いすき焼き専門店「伊勢重」の若き七代目。 創業以来の伝統の技と味を守り続ける。レシピサイト「キッコーマン ホームクッキング」で12月と1月にしょうゆとみりんで作るすきやきが検索数No.1であることを受けて、キッコーマンの「KCC食育と料理の講習会」で「家庭でおいしくすき焼きを楽しむコツ」を講演するなど活躍。