暮らし

大切な愛猫のために 知っておきたい防災対策 非常袋を備える場所は?

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

ケージ入る猫。非常用グッズとの持ち出し後のこともあらかじめ考えておくと良い【写真:写真AC】
ケージ入る猫。非常用グッズとの持ち出し後のこともあらかじめ考えておくと良い【写真:写真AC】

猫と非常用グッズを持ち出す時のポイント

 猫と非常用グッズを同時に持ち出すことは簡単ではありません。少しでもスムーズに運べるよう、両手はなるべくフリーにしておきましょう。背負えるものは背負い、斜め掛けできないバッグはあらかじめショルダーベルトを装着しておくなどの工夫をすると、いざという時に役立ちます。

「避難時に家族がいた場合には誰が何を運ぶか」といった担当も決めておくのをおすすめします。特に多頭飼いの場合は手分けが必要です。逆に、自分1人だった場合のことも考え「どれをどう運ぶか」など、さまざまなシチュエーションを想定しておくことも大切です。

 ついあれこれ持ちだしたくなりますが、実際に運べる量は限られています。目安として持ち出す荷物の重さは、女性が10kg、男性は15kg以内にしておきましょう。もちろん、猫の体重とキャリーバッグの重さも入れて計算してください。

普段からできる工夫と避難時に代用できるもの

 スムーズに避難するために、普段からできる工夫はたくさんあります。まずは猫をケージに慣れさせておくこと。日頃から身近に置いておき、自由に出入りさせておくのがポイントです。また猫が脱走した時のことを考え、「マイクロチップ」を埋め込んで置いたり、名前・去勢有無・飼い主の情報などが記された「ネームタグ」をつけておくのも良いでしょう。

 徒歩で避難する時のルートの確認も大切です。焦らず安全に避難するためにも、避難所までのルートをいくつかシミュレーションしておきましょう。

 生活に必要なものすべてを持ち出すことは難しく、避難時は他のもので代用する必要があります。例えば、猫用のトイレは段ボールにゴミ袋を敷き、土や砂を敷き詰めたり、新聞紙を細く切り裂いて入れ込んでも良いでしょう。フード皿や水皿は地味ではありますが、必ず必要なもの。ペットボトル・牛乳パック・新聞紙・紙があれば作ることができます。ペットボトルは側面を切り取ることで、牛乳パックは縦半分に切ることでお皿・水皿の代わりになります。

(猫ねこ部)