料理・グルメ

薬膳の知恵を生かす イチゴを使ったギルトフリーなデザート

著者:村上 華子

タグ: , , ,

薬膳では体の潤いを補う食材とされるイチゴ【写真:村上華子】
薬膳では体の潤いを補う食材とされるイチゴ【写真:村上華子】

イチゴの甘酸っぱさとヨーグルトの酸味が美味

 混ぜて固めるだけのイチゴを使ったデザートの作り方を紹介します。

〇イチゴを使った寒天デザート
【材料】(4人分)
イチゴ 9~12個
飲料タイプのヨーグルト 300cc
無調整豆乳 150cc
ミントの葉 10~13枚
クコの実 小さじ3
粉寒天 4g
きび糖 大さじ2~3(ヨーグルトの甘さで加減)

【作り方】
1、あらかじめクコの実を水に浸し、やわらかくしておく
2、イチゴはへたを取り、ミントは葉を茎から外し水洗いをする。イチゴとミントの葉は、調理用と飾り用を分けておく
3、鍋に豆乳と粉寒天を入れて火にかける。グツグツ沸騰させると豆乳の成分が分離するので、なるべく沸騰させないように弱火で2分くらい粉寒天を煮溶かす
4、水を切ったクコの実を刻み、調理用のイチゴとミントの葉、きび糖をすべてボウルに入れてブレンダーにかける。または、ミキサーに入れてかくはんする
5、豆乳と寒天を4のボウルに入れる。一気にいれると温度が下がり、寒天が固まってしまうので少しずつ加える
6、全体を混ぜ合わせたら、容器に流し入れ、表面にイチゴとミントを飾る。冷蔵庫で冷やし固めて完成

【薬膳の知恵 食材の働き】
イチゴ:体の余計な熱を取り、血と体液を補う
ヨーグルト:体液を補充し、便通をよくする
豆乳:肺を潤し、乾燥からくる咳を止める
ミントの葉:頭部にこもった熱を取る、風邪の初期にも
クコの実:肺、喉を潤す、目の乾燥や疲れにも効果

 豆乳は加糖されている製品も多いので、なるべく成分無調整のものを使い、ヨーグルトの甘さと、加えるきび糖で甘みを調整するのが良いでしょう。一人前ずつ容器に入れて作っても、大きなバットに流し入れて切り分けて食べてもおいしいです。

 春の陽気にぴったりのデザートなのですが、むくみやすい体質の人は、果物や甘い物を夕方以降に食べると、余分な水を溜め込んでさらにむくみやすくなるといわれています。なるべく日中に食べると良いでしょう。

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

ヨガインストラクター、薬膳フードデザイナー、6歳男児の母。OL生活のストレス解消法としてヨガを始める。身体が元気になると、心までいきいきする鮮やかな体験から、いつしかヨガが日課に。本格的なトレーニングを積んだ後、ヨガ仲間と銀座に「HASYOGA」スタジオを立ち上げる。出産してからは、家族の健康を担う母の役割として、食事作りに勤しむ毎日。そんな折にご縁あり、通い始めた薬膳の料理教室で「食材の効能を考え、体調や季節に合わせて作る食事」の奥深さに魅了される。現在は都内各地で、伝統的なヨガのエクササイズに加え、“身近な食材で作るおうち薬膳”をテーマにしたワークショップなども開催。中医学の理論に基づいた薬膳の知恵と工夫で、美味しく食べて、自分や大切な人を元気にするためのヒントを伝えている。ヨガと薬膳「季結び庵」主宰。
https://www.instagram.com/tokimusubian/