Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

「おうち時間」で心と身体を整える 自宅でできる季節の薬膳茶作り【薬膳の基礎4】

公開日:  /  更新日:

著者:村上 華子

中医学の視点から考える「春」 薬膳茶に使うお茶や食材とは

 暦の上では「立夏」ですが、肌寒い日など、まだ春の陽気も多い季節。自然界では陽気が上がり、動植物が冬眠から目覚めて活動を始める時期です。中医学の古典「黄帝内経(こうていないけい)」では、万物が生き生きと芽生え栄える「発生」の季節と呼びました。横になって休むより、思い切って初めの一歩を踏み出して、のびのびと動いてみるのが“春の波”に乗る元気の秘訣。臓器から見ると、春は「肝(気と血をめぐらせるリーダー的な役割)」をケアしたい季節です。ところが、ストレスや緊張、睡眠不足から、気のめぐりが滞ると、イライラやのぼせといった興奮症状、頭痛や目のトラブル、のどや胸のつかえなどの不調が起きやすくなります。

春の薬膳茶のベースになる茶葉いろいろ

 薬膳茶を作るポイントは至って簡単。ベースになる季節のお茶を選び、そこに体質に合わせたトッピング用の食材を加えます。500ミリリットルのお湯に対し、スプーン1~2杯の茶葉を使い、よく蒸らしてから飲みましょう。作ったお茶は保温性の高い水筒に入れて、少しずつ時間をかけて飲むのがおすすめです。

○ジャスミン茶

 茉莉花(ジャスミン)の花と緑茶を混ぜた香り高いお茶。滞った気をめぐらせる効果があります。ベースが緑茶なので、身体の余計な熱を冷ます性質があり、ほてりから来るイライラの解消にも。

・おすすめのブレンド(イライラしやすく、ストレス過多の人へ)
ベースのお茶:ジャスミン茶
トッピング:マイカイカ、陳皮

○ビワの葉茶

 鼻やのど、肺を潤し、空咳を止める。呼吸器の粘膜を潤すことで、花粉症の緩和や、ウイルスの侵入を防ぐなどの期待も持てます。(※バラ科の植物です。リンゴや梨にアレルギーがある方はお控え下さい)

・おすすめのブレンド(のどの渇きや乾燥から来る空咳、花粉症持ちの人へ)
ベースのお茶:ビワの葉茶
トッピング:クコの実、ナツメ

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

ライフスタイルのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    ライフスタイルのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。