暮らし

「掃除力」ママたちの自己評価は平均48点 「お掃除偏差値」の高いママと低いママ スタイルの違いはどこ?

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

お掃除偏差値の高いママは掃除用途以外の手近なアイテムも積極活用

 そして、お掃除偏差値の高いママのうち、「掃除用途以外の日用品・食品などを積極的に活用している」と回答した人(140人)に、「掃除に使用したことがあるアイテム」を聞いたところ、「ウェットティッシュ・ティッシュ類」が90%で最多。歯ブラシ・綿棒などの「生活用品」が84%、食器用洗剤・キッチンペーパー・爪楊枝などの「キッチングッズ」が71%、ストッキング・古着などの「衣類」が59%と続いています。

 具体的な活用法としては、以下のような回答が寄せられました。

「ラップ:シンクを磨く時は使い終わったラップをくしゃくしゃに丸めて洗うとキレイになる」(31歳)

「オレンジの皮:オレンジを食べた時には、皮を捨てる前にシンクを磨くとピカピカに」(42歳)

「酢:料理が飛んでこびり付いた汚れは酢やクエン酸をかけておくと、スルッ、ペリっと取れる」(36歳)

 
 この調査では、お掃除偏差値が高いママほど、「手近なもの」を使って、「汚れが頑固になる前」に、「こまめに」掃除をおこなっていることが分かりました。また、掃除用具を「手近な場所」に置いているだけでなく、「掃除用途以外の手近なアイテム」も積極的に活用しているようです。

(Hint-Pot編集部)