暮らし

「ミツロウラップ」って知ってる? 海外でも人気のエコでかわいいキッチングッズの作り方

著者:市川 千佐子

タグ: , , ,

【写真】ミツロウって何からできてるの? 白や黄色など色の違いは?

この投稿をInstagramで見る

. 【かわいくエコなミツロウラップ】 キッチンからのゴミを減らす取り組みとしても 洗って、繰り返し使える 『蜜蝋(ミツロウ)ラップ』が あらためて注目されていますね^^ . 簡単に手作りできるミツロウラップの作り方を @hint_pot にて、近日掲載予定♪ . . ミツロウとは、 ミツバチの巣を構成している蝋(ロウ)を精製したもの。 働きバチは、お腹にあるロウ腺からロウを分泌し 巣を形作っていきます。 . . 市販されているミツロウは 精製されたものと 未精製のものがあります。 . 精製されたものは 白色で 香りはあまりありません。 (写真左) . 未精製のものは、 黄色みを帯びていて 独特な甘い香りがあります。 (写真右) . お好みで選ぶと良いでしょう♪ . . クリームなどの 手作り化粧品にも使われるので アロマ関係のショップなどで 手に入ります。 . . #みつろうラップ #みつろう #ミツロウラップ #ミツロウラップ . フードコーディネーター こころとからだを整える料理家 目黒 市川千佐子クッキングサロン #発酵食 #発酵食品 #発酵 #麹 #塩麹 #醤油麹 #化学調味料不使用 #ゆるまる料理会 #料理 #cooking #おうちごはん #instafood #food #手料理 #japanesefood #レシピ #foodstagram #homemade #料理写真 #クッキング #ていねいな暮らし#こころとからだを整える料理家 #旅する料理家 #料理教室 #目黒区 #東京 #japan

市川 千佐子 Chisako Ichikawa(@chisako.tenzo)がシェアした投稿 –

この記事に戻る

市川 千佐子(いちかわ・ちさこ)

料理家・調理師。1990年代から、フードコーディネーターとしてテレビ・新聞・雑誌など、様々な料理企画やレシピ開発などに携わる。その後、子育てや介護の経験から、心と身体の健康と食に注目し、2017年から東京・目黒区で「市川千佐子クッキングサロン」を主宰。塩麹や甘酒作りの発酵食品を取り入れ、簡単に作れて体に優しい家庭料理は、世代を超えた広い支持を得ている。