健康・美

夏のだるさには鉄分補給を! コンビニやネットで手軽に買えるおすすめドリンク&軽食6選

著者:和栗 恵

タグ: , ,

貧血はさまざまな症状を引き起こす要因にも

 厚生労働省が2020年に入って新しく発表した「日本人の食事摂取基準」によると、女性が摂取するべき1日の鉄分量(月経血による鉄損失を補うために必要な鉄摂取量を含む)は、18歳以上でおよそ3.64ミリグラム。

 体内に鉄分が足りなくなると貧血症状を起こすことは知られていますが、これは、赤血球に含まれるヘモグロビンが主に鉄で構成されているため。鉄分が不足するとこのヘモグロビンが作られなくなり、全身の酸素が不足。倦怠感、動悸、立ちくらみといった貧血症状を起こしてしまうのです。

 他にも、身体のあちらこちらに影響が現れてきます。髪の毛の質が悪くなった、肌荒れがひどくなった、口の端が切れやすくなった、脚がムズムズして寝付きにくい……こうした症状は、鉄分不足の可能性があると考えられています。

 また、鉄分が不足し身体全体が酸欠状態になることが原因で、朝起きるのがつらかったり、肩がこったり、耳鳴りがするなど、疲労倦怠感だけでなくさまざま症状が生じることも分かっています。

鉄は摂取が難しい一方で排出されやすい!

 ところで、ホウレン草は鉄分が豊富な食材として有名ですが、1日に必要な鉄分量3.64ミリグラムを摂取するためには、単純に計算するとホウレン草を1日200グラムほど食べる必要があります。

 しかし、食品に含まれる鉄分は体内で吸収されにくく、実際にはもっと大量に鉄分を含んだ食品を摂取する必要があります。特に、食事とともにお茶や紅茶、コーヒーを飲んでいる人は要注意。お茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を阻害してしまうと言われてます。

 また、暑い夏は汗とともに鉄分が体外に排出されてしまうため、他の季節より多く、鉄分を摂取する必要があります。そこで、こうした悩みを解消するために注目したいのが、鉄分不足の解消に役立つドリンクやサプリメントです。