Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

たった3分ルーティンでリセット 在宅勤務の座りっぱなしから来る「こり」撃退 プロが伝授

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:木場 克己

両手で「VWT」の文字を作る 固まった肩甲骨、肩周りに

V、W、Tのポーズ【写真:Hint-Pot編集部】
V、W、Tのポーズ【写真:Hint-Pot編集部】

 ドローインの次にやっていただきたいのは、VWTエクササイズです。

 
○その2 VWTエクササイズ(5セット)

1、背筋を伸ばした状態で直立。足は骨盤の幅に広げます。両手をまっすぐ斜め上に上げ、そこでVの字を作ります。指先を天井に向けて、極力伸ばすイメージ

2、手のひらを前に向けたまま、肩甲骨を引き寄せながら、肘を脇腹の位置まで下げます。Wの文字を意識しましょう

3、最後は手のひらを下に向けながら、両手を横に広げます。その時も指先をピンと伸ばして、肩甲骨を引き離すようなイメージで、Tの文字を作りましょう。V→W→Tの順で

木場さん
「これも立つスペースがあるだけでできる、簡単なルーティンです。在宅ワークやパソコンの画面を見続けたことで、こり固まってしまう肩甲骨周り、肩周りをリセットする動きになっています」

 ドローイン→VWTエクササイズの順番で行うのが良いそうです。痛みがある場合は無理せず、できる範囲で行いましょう。広いスペースは必要としません。仕事の合間、たった3分のルーティンでリセットする習慣を身に付けましょう。

(Hint-Pot編集部)

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly