Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

呼吸器を潤す薬膳風「杏仁豆腐」のレシピ 秋の乾燥対策に

著者:村上 華子

身体を潤すブドウとのダブル効果「杏仁豆腐ブドウソース」

ブドウソース【写真:村上華子】
ブドウソース【写真:村上華子】

 今回は薬膳風のレシピとして、杏仁豆腐のトッピングソースにブドウを使います。ブドウもまた、身体を潤すことで血を補う働きがある食材です。杏仁霜とブドウのダブル効果で、肺を潤しましょう。薬膳の知恵によると、今回使用する食材の働きは以下の通りです。

 
杏仁:肺の乾燥を潤し、咳を止める。腸を潤し便秘の改善にも良い

牛乳:五臓を元気にする。肌や髪、呼吸器や腸の粘膜を潤す

ブドウ:気や血を補う。骨や筋を強くする。疲労回復にも良い

 
○杏仁豆腐ブドウソース
【材料】
杏仁霜   20g
砂糖    30g
牛乳    500ml
粉ゼラチン 5g
レーズン  20g
ブドウジュース(果汁100%) 100cc

【作り方】
<杏仁豆腐>
1、ボウルに粉ゼラチンと少量の水を入れて、ゼラチンをふやかす
2、牛乳と杏仁霜と砂糖を鍋に入れ、弱火にかけながら、沸騰させないように温める
3、ゼラチンを入れたらよく混ぜ、火を止める
4、お好みの容器に2を流し入れて、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める

<ブドウソース>
1、レーズンを細かく刻み、ブドウジュースと一緒に火にかけて少し煮詰める
2、冷めたものを、冷やし固めた杏仁豆腐の上にかける

 
 秋の養生には、この他にも梨やレンコン、山芋や白キクラゲなどの“白い食べ物”が、肺を潤し機能を高める食材としてよく使われています。杏仁豆腐のアレンジとしては、以前の記事で書いた「温かい梨のデザート(梨のコンポート)」のトッピングもおすすめです。または、シンプルにクコの実を載せても良いでしょう。

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

中医薬膳師、薬膳料理研究家、ヨガインストラクター。薬膳とヨガの教室【季結び庵】主宰。スーパーで手に入る身近な食材を使った季節の薬膳ごはんや、中医学とヨガの知恵を融合させたボディケアを研究中。自然と調和した心地よい毎日のために、日本の風土と個人の体質に合わせたライフスタイルを提案している。
インスタグラム:tokimusubian

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly