Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

“スポンジ博士”が直伝 正しいキッチンスポンジの使い方とは

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:原井 敬

煮沸、漂白、天日干し… お勧めのスポンジお手入れ方法は?

 気になるのは、スポンジを使った後のこと。「食器洗い後は、水気を絞ってなるべく空気に触れる面を多くし、風通しのよい場所で乾燥させておきます。スポンジの汚れがひどい場合は、洗剤をつけて軽くもみこんで水でゆすいだら、水気を切って乾燥させておくといいでしょう」と原井さん。スポンジはねじらずに、ぎゅっと握って絞って水気を切るのが劣化させないコツ。

 さらにスポンジのお手入れ法として、原井さんが推奨しないのは次のうちいくつあるでしょうか?

1、グラグラと沸騰した湯の中にいれて煮沸消毒する
2、漂白剤につける
3、天日干し

 多くのスポンジの耐熱温度は90度。ぐらぐらと煮沸すると100度以上になってスポンジが変形してしまうそうです。天日干しは紫外線で、漂白剤も薬剤で劣化してしまいます。正解は3つともすべて。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly