インタビュー

【私の家族】安斉かれんの“愛すべきペット”がいる日々 犬とハムスターと熱帯魚と

著者:中野 裕子

タグ: , ,

愛犬ゼロくんは大阪や老夫婦の元へ行っていた可能性も 間一髪で私の子に

大好きな愛犬ゼロくんについて話すと思わず笑顔に【写真:荒川祐史】
大好きな愛犬ゼロくんについて話すと思わず笑顔に【写真:荒川祐史】

 ゼロがウチに来たのは、19年5月18日。私はその直前の5月1日――令和元年の元日にデビューしたんですね。ゼロは歌手としての私とタメなので、令和の「レイ=ゼロ」で「ゼロ」と名付けました。ウチに来た時は3か月に満たず、ちっちゃくてかわいかった! 整った顔のかわいさじゃなくてブサカワイイ(笑)。今では5キロぐらいに成長し、すっかり貫禄がついています(笑)。

 最初は実家と同じように、チワワと暮らしたいなって思って、ペットショップのホームページとかブリーダーさんのインスタグラムを見ながらずっと探していたんです。でも、なかなか「この子!」と思える子が見つからなくて。「ミックスもかわいいな」とペキチワも見始めて、3か月ぐらいしたある日、高円寺のペットショップのインスタで生後3か月のゼロを見つけ「かわいい!!!」って思って、すぐその日にお店に行ったんです。

 ところが、お店に入っても姿が見えない。店員さんに聞いたら、「大阪の方が興味をもっているので、今夜、大阪に移動する予定なんです」って言うんですよ。店の奥にいるゼロに会わせてもらったら、インスタで見たまんま、めちゃめちゃかわいい! それで「大阪の方はまだ決めたわけじゃないんですよね?」って確認して即決させてもらいました。

 早速お店で抱っこしていたら、老夫婦がお店に入ってきて、「私たちもこの子を気に入って、迎えたくて来たのに」って泣き出してしまって……。だから、ゼロは間一髪で私の子になったんです!

息子のようにかわいい愛犬 いなくなる時のことを考えると悲しい

8thシングル「キミとボクの歌」が限定配信中【写真:荒川祐史】
8thシングル「キミとボクの歌」が限定配信中【写真:荒川祐史】

 外から帰って、ゼロがシッポを振って迎えてくれる時が一番の癒しですね。家の中ではほとんどずっと一緒。私がソファでテレビを観る時は、私の左腰当たりが定位置。頭の上に座ってくることも(笑)。眠くなると、私に邪魔されないようにベッドの布団の中にもぐり込んで寝て、眠いのに起こされると「何?」って“地獄みたいな顔”でにらんでくる(笑)。

 でも、遊んでほしい時はオモチャをくわえてきて、私の前にわざと落として、じっと私の顔を見ています。「今は遊べないよ」というと「ウッ!」って怒ったり、ショボンとしたり。超マイペースで、人間だったら絶対B型ですね! B型の私にそっくり(笑)。

 すごく頭が良くて、朝はゼロが起こしてくれるんです。アラームを2分置きに鳴るように設定しているんですけど、アラームが鳴るまでは絶対に起こさない。鳴っても私がなかなか起きないと、「起きて」って前足でシュッシュッと私にタッチしてくるんです。大人しくてムダ吠えはしないんですけど、ドラマ「M」のオンエアを見てたら、かれんの声に気付いたのか、「ワン!」と反応していましたね。

 小型なため運動は家の中だけで大丈夫ならしいですが、散歩は2日1回、家の周りを15分は歩くようにしています。また、食事は1日2回。ドッグフードとか缶詰にワンコ用のふりかけをかけてあげたり、緊急事態宣言で家にずっといた時はYouTubeでレシピを調べて、ニンジンやキャベツを茹でてごはんを作ってあげました。でも、ホントに時間がない朝とかは、「ごめん、今日はこれを食べてね!」ってドッグフードだけで我慢してもらうこともあります。

 ゼロは私にとって息子みたいな存在。最近ドッグカメラの「ファーボ」を使って、私がいない時のゼロの様子を見始めたんですけど、仰向けにひっくり返って寝てますね。枕に頭を載せて寝ていることも(笑)。自分のことを犬だと思ってないんじゃないかな? 

 もうゼロのことが大好きすぎて、ゼロがいなくなる時のことを考えると、「どうやって生きていったらいいんだろう!」って今から悲しくなります。小型犬の寿命って14歳ぐらいですよね? パパが「ゼロが10歳になったら、もう1匹飼ったほうがいい。1人残されたら悲しいから」って言うんですよ。10年後の私は31歳。自分の本当の子どもがいるのかな……。あ~、でもどうして、犬の命はそんなに短いんだろう!

◇安斉かれん(あんざい・かれん)1999年8月15日、神奈川県藤沢市生まれ。音楽好きの父親の影響で小学生の時にエレクトーンを習い始め、中学では吹奏楽部でサックスを吹いた。高校1年生で芸能スクール「エイベックス・アーティストアカデミー」東京校に通い始め、2019年5月に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」(avex trax)で歌手デビュー。20年4月は連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の主役で女優デビューも果たし、注目度急上昇。21年2月10日に初のバラードシングル「キミとボクの歌」をリリース。

(中野 裕子)