暮らし

梅雨時期の洗濯 部屋干しで乾かすコツをおさらいしよう

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉

タグ: , , , ,

アイテム別に干し方を変えると良い 風通し良くするのがコツ

 また、衣類もアイテム別に干し方を変えると乾きが早くなるそうです。

ハンガーを活用【写真:Hint-Pot編集部】
ハンガーを活用【写真:Hint-Pot編集部】

〇フード付きの衣類
ハンガーを活用して、乾きにくいわきの下やフードの部分に風が当たるように干す

襟を立てる【写真:Hint-Pot編集部】
襟を立てる【写真:Hint-Pot編集部】

〇シャツやブラウス
ボタンはしない、襟は立てる

生地が厚いほうを上に【写真:Hint-Pot編集部】
生地が厚いほうを上に【写真:Hint-Pot編集部】

〇靴下
基本はゴムのほうを上、つま先を下にして干す
つま先のほうが生地が厚い場合はつま先を上に

筒状干しで風通し良く【写真:Hint-Pot編集部】
筒状干しで風通し良く【写真:Hint-Pot編集部】

〇Gパン
裏返さない。ウエスト部分を筒状に干す

幅広がなければハンガーを2つ使用【写真:Hint-Pot編集部】
幅広がなければハンガーを2つ使用【写真:Hint-Pot編集部】

〇Tシャツ
幅広ハンガー(またはハンガーを2つ合わせる)で干す