Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

桜ケーキでお花見気分 季節限定がずらり! おとりよせスイーツ歳時記・4月

公開日:  /  更新日:

著者:中塚 真希子

桜の花びらが風に舞う風景を思い出すケーキ「“春”桜のケーキひらひら」

冷やして食べるとしっとり、常温で食べるとふんわりとした食感が楽しめます【写真提供:あとあとかとか。】
冷やして食べるとしっとり、常温で食べるとふんわりとした食感が楽しめます【写真提供:あとあとかとか。】

 山梨県北杜市の小さな工房「あとあとかとか。」。心を込めて手作りされた、優しい味わいのお菓子が人気です。毎年春にファンが楽しみにしているお菓子といえば「“春”桜のケーキひらひら」。これは東日本大震災のあった2011年、「少しでも温かな気持ちを届けられたら」という店主・川村さんの想いから生まれた春限定のお菓子だそう。少しずつ改良を重ねながら10年目を迎えました。

 口に入れるとサラサラ溶けていくような、何とも軽くてふんわりした焼き上がり。桜の葉や花の塩漬け、桜のリキュールが醸す春の香りは、お花見中の幸せな気持ちを思い出させてくれますよ。込められた温かな気持ちを舌でも感じることができるはず。

「“春”桜のケーキひらひら」
価格:1620円(税込)
賞味期限:常温で7日前後
販売期間:4月中旬までの予定
購入:「あとあとかとか。オンラインショップ」(http://atoatokatoka-shop.com

桜の塩漬けが和三盆を使ったケーキの甘さを後押し! 「桜のパウンドケーキ」

厳選素材で作られた音衛門の基本のパウンドケーキに、桜の花と葉が練り込まれています【写真提供:足立音衛門】
厳選素材で作られた音衛門の基本のパウンドケーキに、桜の花と葉が練り込まれています【写真提供:足立音衛門】

 京菓子のふるさと丹波の地、京都・福知山に本店をかまえる焼き菓子店「足立音衛門」。焼き菓子を愛するご主人のレシピに基づき、厳選素材で丁寧に仕立てられるパウンドケーキは圧倒的なおいしさ! スイーツ好きな有名人にもファンが多く、テレビでも紹介されるなど大人気です。

 そんな「足立音衛門」の春限定スイーツが「桜のパウンドケーキ」。国産の桜の塩漬けと刻んだ桜葉をバターたっぷりのシンプルなケーキに合わせ、ほんのり感じる塩気が上品な和三盆の甘さを後押し。たまらないおいしさと漂う桜の香りは、きっとあなたを笑顔にするはずです。大切な方への春の贈り物として、お花の代わりに贈ってみては?

「桜のパウンドケーキ」
価格:2160円(税込)
賞味期限:約1ヶ月(常温保存)
販売期間:4月15日までの販売
購入:「足立音衛門オンラインショップ」(https://www.otoemon.com/shop/

 
 咲き乱れる桜のように、桜スイーツはまだまだ続きます。後編ではロールケーキやチーズタルトなど3品をご紹介。お楽しみに!(送料は商品の種類や購入数、お住まいの地域によって変わるため、各店舗のウェブサイトでご確認ください)

(中塚 真希子)

食のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly