料理・グルメ

今が旬の新ショウガを大量消費 常備菜2品と炊き込みごはんのレシピ

著者:和栗 恵

タグ: ,

おにぎりの具にも酒の肴にもなる一品!

濃いめの味付けが食欲をそそる【写真:和栗恵】
濃いめの味付けが食欲をそそる【写真:和栗恵】

 続いては、新ショウガを使った甘辛い佃煮です。カツオ節を加えることでショウガの辛味が抑えられ、食べやすい味になります。ごはんのおともとして最強ですが、冷ややっこの薬味にしたり、豚肉を炒める際に入れたりしても美味。応用の効く佃煮になりますので、こちらもたっぷり作っておくといいですね。

○新ショウガの甘辛佃煮

【作り方】(作りやすい分量)
新ショウガ 150g
カツオ節  5g
★白だし  50ml
★水    50ml
★しょうゆ 大さじ1
★酒    大さじ1
★調理酒  大さじ1
★みりん  大さじ1
★砂糖   大さじ1
炒りゴマ  大さじ2

【作り方】
1. 新ショウガをよく洗ってから千切りにする
2. 鍋に★の材料をすべて入れ、千切りにした新ショウガを加えて火にかける
3. 沸騰したら弱火にし、水気があと少しでなくなるくらいまで煮詰める
4. 煮詰まったら火を止め、カツオ節とゴマを加えてよく混ぜ合わせる。粗熱が取れたら完成

※最後まで煮詰めてしまうとカツオ節に味がしみ込まないので要注意。あと少しで汁気がなくなるくらいで必ず火を止めてください。

ショウガの酵素でタコがふわもち食感に

夏が旬のタコと合わせると絶品【写真:和栗恵】
夏が旬のタコと合わせると絶品【写真:和栗恵】

 ショウガに含まれるジンギパイン(ショウガプロテアーゼ)は、タンパク質を分解する酵素の1つ。煮たり焼いたりすると固くなりがちなタコが、酵素のおかげでやわらかく仕上がります。ショウガの香りで食欲も進むので、夏バテ防止にもってこいです!

○新ショウガの香り豊かなタコの炊き込みごはん

【材料】(4~5人前)
新ショウガ    50g
茹でタコ     150g
米        3合
みりん      大さじ1
酒        大さじ1
薄口しょうゆ   大さじ1
青ネギ(飾り用) 適宜

【作り方】
1. 新ショウガをよく洗ってから千切りにする
2. タコを食べやすい大きさに切る
3. お米を洗ってとぎ、炊飯釜に入れて3合分の水加減をし、調味料を加えて混ぜる
4. 刻んだ新ショウガとタコを加え、通常モードで炊き上げる
5. 茶碗に盛り付け、青ネギを添えていただく

※タコはやや大きめに切るとゴージャス感が出ます。しょうゆは濃い口でもOK。

(和栗 恵)