暮らし

いくら洗っても「臭い」タオルや衣類ありませんか? 梅雨明けに“一掃”する洗濯のコツ

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉(クリア抗菌)

タグ: , , ,

干し方も効率良く アイテムごとのおさらい

 さらにできるだけ素早く乾かすのもコツで、干し方もアイテム別に工夫すると良いそう。真夏の晴天はあっという間に洗濯物は乾きそうですが、台風などで室内干しになるケースに備えて、おさらい。ポイントは、「風通しを良くすること」だそうです。

フード付き衣類はハンガーを使って【写真:Hint-Pot編集部】
フード付き衣類はハンガーを使って【写真:Hint-Pot編集部】

〇フード付きの衣類
ハンガーを活用して、乾きにくい脇の下やフードの部分に風が当たるように干す

〇シャツやブラウス
ボタンはしない、襟は立てる

〇Tシャツ
幅広ハンガー(またはハンガーを2つ合わせる)で干す

端をずらして干す【写真:Hint-Pot編集部】
端をずらして干す【写真:Hint-Pot編集部】

〇タオル
端をずらして干す、蛇腹干し、囲み干しなど

蛇腹干し(左)、囲み干し【画像提供:ライオン】
蛇腹干し(左)、囲み干し【画像提供:ライオン】

 また、洗濯物ピンチハンガーを使用する際は、「アーチ干し」外側にタオルなど長いものを、内側にショートソックス、ハンカチなど短いものを干すのが早く乾くコツに。

 今年、ジメジメした時期の洗濯からニオイを引きずって、「なんだか臭い」「いくら洗っても臭い」“ゾンビ臭”に頭を悩ます衣類やタオルなどの洗濯物があれば、一気に退治しましょう。

(Hint-Pot編集部)