海外ニュース

キャサリン妃もたじたじ? シャーロット王女「あっかんべー」はヘンリー王子譲りか 英紙が報道

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ウイリアム王子ご一家【写真:Getty Images】
ウイリアム王子ご一家【写真:Getty Images】

叔父のヘンリー王子も幼少期から繰り返していた

 現地時間8日、チャリティーで参加したヨットレースに参加したウイリアム王子とキャサリン妃夫妻。長男のジョージ王子と長女のシャーロット王女も姿を現した。4歳のシャーロット王女は、母親のキャサリン妃に手を引かれ、会場から立ち去る瞬間『あっかんべー』と舌を出したという。そのかわいらしい表情は動画となって世界中を駆け巡り、大きな話題になった。

  ◇ ◇ ◇

 世界中で大きな話題となった、シャーロット王女の表情。しかしこの舌出しは一体誰が教えたのか?

 英大衆紙『デイリー・ミラー』はこれもやんちゃな叔父、ヘンリー王子の仕業だったのではないかと報じている。

 その証拠として、英大衆紙「ミラー」の電子版には、ダイアナ元妃に抱かれた子ども時代のヘンリー王子が舌を出している一枚をはじめ、パパラッチのカメラに向かって「あっかんべー」を連発するヘンリー王子の写真を掲載されている。その中には大人になってもペロッと舌を出している、最近の写真もあった。

 また同紙はシャーロット王女の舌出しは今回が初めてではなく、昨年のヘンリー王子とメーガン妃の結婚式でも「舌を出していた」と指摘。キャサリン妃はこのあっかんべーが長女の癖になることには「あまり感心していないはず」と伝えている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)