料理・グルメ

暑い夏のミネラル補給に 袋ひとつで作る「ソルティ・キウイ」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キウイフルーツ【写真:写真AC】
キウイフルーツ【写真:写真AC】

 厳しい暑さが続きます。熱中症対策の「ミネラル補給」に手軽な「ソルティ・キウイ」の作り方について管理栄養士の柴田真希さんに教えていただきました。チャック付きの袋があれば、ミキサーも不要。あっという間に完成です。一般社団法人臨床栄養実践協会の理事長で管理栄養士の足立香代子さんによると「キウイフルーツには水分のほかに、いわゆる点滴に含まれている栄養素がつまっています。これに塩を加えるだけで“食べる点滴”が簡単にできます」とのこと。見た目もさわやか、食欲不振のときの「栄養補給」にも向くそうです。

 ◇ ◇ ◇

“食べる点滴”で熱中症予防にも 暑い夏を乗り切る

 熱中症対策での「補給」について。一般社団法人臨床栄養実践協会の理事長で管理栄養士の足立香代子さんは、こまめな「水分補給」や「塩分補給」についてはかなり理解が進んでいるようですが、同時に補給すべきものがあると指摘します。

「汗をかくと体からは水分だけでなく、塩分などの体に必要なミネラルも排出されてしまいます。熱中症予防のためには、水分補給と同時に、『糖・塩・カリウム・マグネシウム・カルシウム』の補給が必要です。そして、この5つの栄養素を含んでいるのが点滴です。水分と同時にこれらの栄養素を補給することで、体のなかのシステムが正常に機能するようになります」

 その上で、手軽に栄養素を補給できる果物として「キウイフルーツ」に注目。食べ方を工夫すると“食べる点滴”として、熱中症の予防に向くといいます。

「経口補水飲料は、点滴と同じ成分を補給できることで知られています。それと同じ役割を果たすのが、キウイフルーツに塩を加えた“食べる点滴”です。キウイフルーツには、水分の他に、点滴に含まれる栄養素の糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれています。これに足りない塩を加えるだけで、点滴と同じ栄養成分を含んだ“食べる点滴”の完成です」

 猛暑で食欲もないし、バテ気味だという人にはキウイフルーツに少々の塩を加えて食べることがポイントのようです。