健康・美

20代女性もご用心 軽めの運動がきっかけでひざに違和感 春に増える理由

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:佐藤 務

タグ: , , ,

20~30代女性も ヨガやダンスなど軽めの運動で違和感や痛み

 現在、特に激しい運動をしているわけではないのに、ひざの痛みを訴える女性が増えているそうです。女性でひざに痛みを感じている人は、20~30代で29%、40~50代で35%。さらに運動不足解消にヨガやダンスなど軽めの運動を行っている20~30代女性を対象に行った調査では、ひざに痛みや違和感のある人のうち約6割が「日常生活に支障をきたしている」と感じていることが分かりました(いずれもピップ調べ)。健康スポーツ医で整形外科医の佐藤務先生は、こう指摘します。

「初心者向けのヨガやダンス、ストレッチなど息切れしないような動きの運動を始めたことがきっかけで、ひざの痛みや違和感が続き受診に来る20~30代の女性がいます。これは“新型ひざ痛”と言え、潜在的にも多くいることが想定できます。軽い運動をきっかけに起こるひざの痛みや違和感は、負担をかける脚の動かし方、動かしすぎ、筋肉の不足、O脚など脚の形が原因であることが少なくありません。日ごろ運動している人よりも、運動が苦手な人のほうが運動を始めた時には特に注意が必要です」

 新年度スタートということで、春はおけいこごとや新しいことにチャレンジしたくなりますよね。しかも厚手のコートから解放されて、身も軽やかに、体を動かすことを習慣にしたいと運動を始める人もいるのでは。しかし、人によっては、運動不足を解消しようと始めた軽い運動が、かえってひざを痛める原因に?! 放置しておくと炎症によって水がたまることがあり、重症化してしまうこともあり、ひざの違和感から腰痛、肩こりにもつながり、ひざの痛みで運動ができないということにも。軽い運動を始めたことがきっかけでひざに違和感のある人は、佐藤先生のチェックリストで確認してみましょう。