海外ニュース

メーガン妃の衣装代が物議 一方キャサリン妃は5年前の服を着回しで話題

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

キャサリン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】
キャサリン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】

オケージョンスタイルもジュエリー使いで差をつける

 新たなロイヤルベビー誕生が待たれる、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻。ファッションリーダーとして有名なメーガン妃の高額衣装代が物議を醸す中、義姉に当たるキャサリン妃の着回しファッションが米国で「スタイリッシュな着回し」「よりきらびやかに」と評価されている。

「ケイト・ミドルトンはコートと、特別なイヤリングをイースターで着回した」と特集したのは米テレビ局「FOXニュース」だった。

 特集では「ケイト・ミドルトンはスタイリッシュにワードローブを着回すことで有名だが、今年のイースターでの装いでも変わることがなかった」と報じられている。

 ウィリアム王子とともに、ウィンザー城でイースターの公式行事に参加したキャサリン妃。2014年のイースターでも着用していたアレクサンダー・マックイーンのデザインしたライトブルーのコート、ヘッドコートを着用していたことに注目されている。

 そして、5年前との違いはジュエリーにあるという。イヤリングとブローチは2011年の結婚式で着用したもので、それも着回し達人で知られるキャサリン妃らしさだという。

「ロビンソン・ペルハムの特注イヤリングは両親からのプレゼント」と紹介されている一方、チョイスにも夫婦間の絆が存在するという。

「ミドルトンのジュエリーのチョイスは、彼女とウィリアム王子の絆を意味するだろう。彼らは4月29日に結婚8周年を迎えることになる」と報じられている。

 キャサリン妃らしい着回しファッションだが、ジュエリーチョイスのセンスの良さから、「より輝きが増した」と特集では賞賛されている。

 英地元紙「エクスプレス」で年間衣装代が100万ドル以上(1億1200万円)と報じられるなど、ゴージャス路線で物議を醸すメーガン妃と対照的に、上品な着回し術で話題となったキャサリン妃。優雅さを湛えながらも、地に足のついたスタイルも人々に愛される理由かもしれない。