料理・グルメ

エクストラバージン・バージン・ピュアの違いは? ふと思ったオリーブオイルへの素朴な疑問

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

オリーブの実(写真はイメージです)【写真:写真AC】
オリーブの実(写真はイメージです)【写真:写真AC】

 オリーブオイルは、日本でも広く親しまれるようになった食用油のひとつですね。しかし、ふと考えると、単に「オリーブオイル」と書かれているものもあれば、「エクストラバージン」とか「バージン」とか、「ピュア」と呼ばれていることを見聞きしたりします。一体なにが違うのでしょうか? ソボクな疑問を、株式会社J-オイルミルズの製品担当者に聞きました。

 ◇ ◇ ◇

ピュアとエクストラバージンはどうちがうのか? メーカー担当者に聞いた

――ピュアとかエクストラバージンとか、ただのオリーブオイルというものも見かけますが、なにか違うのでしょうか?
「以前は、精製したオリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたものを“ピュアオリーブオイル”と呼んでいましたが、現在はオリーブオイルという呼び方に統一されております。オリーブオイルもエクストラバージンのどちらもオリーブの果実から作られています。」

――バージンオリーブオイルというのは、エクストラバージンとはまた違うのでしょうか?
「実は、エクストラバージンなどの呼び名は、IOC(国際オリーブ協会)の規格です。オリーブの果実を決まった方法でしぼり、IOCの品質規格を満たしたものが、エクストラバージンやバージンオリーブオイルと呼ばれます。バージンオリーブオイルは4種類あり、食用に適していて、もっとも状態の良い(酸度の低い)オイルがエクストラバージンオリーブオイル、次いでバージンオリーブオイル、オーディナリーバージンオリーブオイル、食用に適さないランパンテバージンオリーブオイルがあります。食用に適さないランパンテは、精製されたり、工業用に用いられたりします。上記のバージンとつくものを精製したものを、精製オリーブオイルと呼びます。」

――そうすると、オリーブオイルの種類には、果実をしぼっただけのエクストラバージンなどのバージンオリーブオイルと、精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたオリーブオイル(ピュア)があるということでしょうか?
「大きく分けるとそうなります。たまにバージンオリーブオイルを見かけることもありますが、一般的に国内で売られているものは、エクストラバージンオリーブオイルとオリーブオイル(ピュア)の2種類です。」