海外ニュース

メーガン妃「どうしてダメなの?」 米国人男性ベビーシッターを1000万円で募集? 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

メーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】
メーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】

 ロイヤルベビー誕生が待たれる、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻。世界中の注目を集める第一子のために、メーガン妃が母国のアメリカ人男性ベビーシッターを衝撃の高額年俸で募集していると、英メディアが報道し、大きな話題となっている。

 ◇ ◇ ◇

アメリカのロイヤル担当記者が証言 口が堅い人求む!?

「『どうしてダメなの?』メーガン・マークルがこんな給料でアメリカの男性ベビーシッターを人材派遣会社に調査依頼」

 こんな見出しで特集したのは英地元紙「デイリー・エクスプレス」だった。メーガン夫妻は現在、第一子誕生が秒読み段階だと報じられているが、子育てはメーガン妃の母国の影響の強い環境になる可能性が高まっている。

 米テレビ番組「スタジオ10」のロイヤル担当、ギャビン・グレイ記者が「ハリー王子とメーガンが現在アメリカ人のベビーシッターを募集しているという噂があります。聞いて驚かないで下さい。それも男性の可能性があるのです」と語ったという。

 英国の王位継承権の持ち主を、アメリカ人男性のシッターがお世話をするという衝撃プラン。グレイ記者は「どうしてダメなの? という感じじゃないですか。アメリカの人材派遣会社がピッタリと合う人をスカウトしています。口が堅く、舞い上がったりしないタイプでしょう。年俸は7万ポンド(約1010万円)です」と明らかにしたという。

 年間の衣装代が1億円超えと英メディアで報じられるなど、ゴージャス路線で物議を醸しているメーガン妃だが、ベビーシッターひとりに年俸約1000万円というのは破格の好条件と呼べそうだ。それがアメリカ人男性となれば、英国で大きな波紋を広げるかもしれない。

(Hint-Pot編集部)