暮らし

宴会でうっかりついた衣類のシミ その時あなたはどうする? 達人が指南

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉(ブライト)

タグ: , , ,

お気に入りの服への食べこぼしや飲みこぼし、的確な応急処置は?【写真:photolibrary】
お気に入りの服への食べこぼしや飲みこぼし、的確な応急処置は?【写真:photolibrary】

うっかり服に食べこぼし シミ抜きの応急処置におしぼり拭きは正解?

 お酒の席やパーティーが増えるシーズン。お気に入りの服を着ていったものの、料理のたれやソース、ワインやビールなど食べこぼしや飲みこぼしで、シミをつけてしまった経験がある人も多いと思います。ちょっとした汚れなのに結局落ちず、その服が着られなくなってしまった、ということも。「的確な応急処置と、帰宅後のちょっとした手入れのコツでシミをきれいにすることができますよ」と話すのは、ライオンのお洗濯マイスター大貫和泉さん。達人の技を聞きました。

 まず、飲食店で服にシミをつけたとき、とりあえずの応急処置として、みなさんはどうしていますか?

1、おしぼりで拭く
2、ゴシゴシ拭く
3、シミの中央から拭く

 実は、これはすべてNG。

 大貫さんは「おしぼりは塩素系漂白剤で処理されている場合があるので、おしぼりで拭くのは漂白成分で衣類が色落ちするリスクも。さらにゴシゴシ拭いたり、中央から拭くのもシミが広がってしまうので、周辺から内側に向かってつまみ取るほうが良いでしょう」と説明します。

 ついやりがちな応急処置ですが、かえってシミを広げてしまったり、衣服にダメージを与えたりしているのですね。