海外ニュース

メーガン妃の親戚がまたもトラブル!? 出産直前に警察沙汰に 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

メーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】
メーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】

マリファナ農家を営むメーガン妃の甥 乱闘事件への関与を否定

 第一子となる男児の誕生を発表したメーガン妃だが、お祝いムードを台無しにするトラブルが発覚した。何かとお騒がせな実家マークル家。メーガン妃の甥でマリファナ農家の男性が乱闘騒動に関与。負傷していたと英地元メディアが報じている。

 6日に第一子となる男児を出産したメーガン妃だが、その一族は誕生数時間前にトラブルを起こしていた。

「メーガン・マークルの甥が、自身の親戚を公爵夫人が出産する数十時間前に20人の殴り合いの喧嘩で負傷」と報じたのは英紙「ザ・サン」だった。

 乱闘事件が起きたのは3日午後11時15分、米・オレゴン州グランツ・パスのバーラウンジだった。ロイヤルベビー誕生の48時間前に、メーガン一族はとんでもないトラブルの当事者となっていたようだ。

 昨年のロイヤルウェディングのあと、ロンドン市内でナイフ所持で没収されるトラブルを起こしていた甥のタイラー・ドーリー氏が乱闘事件の当事者となっていた。

 グランツ・パス警察の広報は「15人から20人が参加した乱闘の現場に、警察のユニットが出動した。容疑者は不明だが、ドーリーも地面に押し付けられた」と語った。まだ逮捕者は出ていないという。

 メーガン妃の異母兄トーマス・ジュニア氏の息子であるドーリー氏の職業はマリファナ農家。昨年4月に栽培したマリファナに「メーガン・マークル」と名付けて販売したというお騒がせな親族は、「自分は被害者じゃない。自分と乱闘はまったくの無関係」と主張。怪我については「乱闘でできたものではない」と語ったという。

 いずれにしても、ロイヤルベビー誕生でお祝いムードの英国へ、メーガン妃の一族が水を差す格好に。早くも波紋は広がっている。

(Hint-Pot編集部)