インタビュー

まずはやってみる、違ったらやめたらいい 天職を見つけた人の思考法

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , , ,

アーツカウンシル東京 東京アートポイント計画プログラムオフィサーの嘉原妙さん【写真:Hint-Pot編集部】
アーツカウンシル東京 東京アートポイント計画プログラムオフィサーの嘉原妙さん【写真:Hint-Pot編集部】

 現在、2020年のオリンピック・パラリンピックに向け、より活発化しているアートプロジェクト。アートプロジェクトをひと言で定義するのは難しいが、言ってみれば美術館やギャラリーなどに完成作品を展示して見せるといった“枠”にはとらわれない、新しいアートの表現の仕方と楽しみ方だ。たとえば、地方自治体とタッグを組み、完成品だけでなく制作過程から来場者に見せたりと、場所や展示方法は実にさまざま。そのイベントの運営などを手掛ける仕事が「アートマネジメント」という。現場で活躍する、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)のプログラムオフィサー嘉原妙さんは、大学時代にアートマネジメントの職に憧れを抱き、いまに至るのだそうだ。夢を叶え、生き生きと仕事に取り組む嘉原さんに、2回目の今回は夢を実現するための方法を聞いた。

◇ ◇ ◇

「やりたいことは口に出す」 大学恩師の金言

 高校卒業後、美術大学へ進学。もともと芸術と社会の繋がりについて興味を持っていた嘉原さんは、アートを社会に根付かせるための活動ができるアートマネジメントの仕事に興味を持ち、大学院へと進学する。そして、そこで修士業論文研究対象として出会ったのが、のちにひとつめの就職先となった、大分県別府市を活動拠点とするアートNPO法人BEPPU PROJECTだった。

「大学の恩師が『やりたいことは口に出すといい』と常々おっしゃっている方でした。そうすれば実現すると。それからは、なるべく自分が将来どんなことをやりたいか口に出すようにしていました。そして、BEPPU PROJECTに視察に行った際も、もちろん代表の方に気持ちをお伝えしました。それが私の就職活動でしたね」

 もちろん、そのときに明確な就職枠があったわけではない。しかし、いつか枠ができたとき、自分を思い出してもらえるよう、嘉原さんは代表に思いの丈を伝えたのだという。