海外ニュース

メーガン妃 1度目の結婚に失敗した理由 バツイチを決意させた原因とは

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

メーガン妃【写真:BANG SHOWBIZ】
メーガン妃【写真:BANG SHOWBIZ】

“別居婚”が原因か 長い交際期間の末、2年で破局した1回目の結婚生活

 現地時間、今月8日に待望の第一子アーチーくんのお披露目をしたメーガン妃。その陰で元夫が別のブロンド女性と再婚をしていたことが話題となっていたが、メーガン妃と元夫の結婚生活が長続きしなかった原因を地元紙が報じている。

 ◇ ◇ ◇

 地元紙「ミラー」によると、2011年にジャマイカで結婚式を挙げ、2年後に破局したメーガン妃の元夫で、映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソン氏は、メーガン妃の第一子出産から数日後に再婚。新しい妻と幸せなツーショット姿をアピールして話題になった。

 メーガン妃は、初婚についてめったに話さないが、同記事では「ニュース チャンネル5」のドキュメンタリー番組「メーガン・マークル:映画、結婚、そして母性」で、王室の特派員アシュリー・ピアソンが、メーガン妃の1度目の結婚が、離婚至った理由について言及していると報じている。

 アシュリーは次のように語っている。

「メーガン妃と元夫は、7年間交際し、2年間結婚していました。しかし、結婚生活での問題は、距離でした。結婚後、メーガン妃はすぐにドラマ『スーツ』で配役を得ました。そして、彼女はカナダのトロントに住み、元夫はロサンゼルスに住んでいました。そのため関係は長続きしなかったんです」

 ちなみに元夫は、先日結婚した栄養士のトレーシー・カーランドさんに、2018年のヘンリー王子とメーガン妃の結婚式から2週間後にプロポーズをしたといわれている。

(Hint-Pot編集部)