海外ニュース

メーガン妃 ヘンリー王子「愛は愛」 SNSで性的マイノリティー支援に反響

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真提供:BANG SHOWBIZ】

フォローするアカウントを変更 5月は「メンタルヘルス」を支援

 ヘンリー王子とメーガン妃は1日、インスタグラムの公式アカウントで「今月は“プライド”に光を当てる月間にする」と故ダイアナ元妃の活動姿も掲載した写真と共に投稿。フォローするアカウントも一新して、現在のところ「エルトン・ジョン・エイズ基金」をはじめ、11のアカウントをフォローしている。同インスタグラムは、すでにフォロワーが840万人いて、同投稿には「すばらしい」と反響コメントが寄せられている。

◇ ◇ ◇

 1日に更新されたヘンリー王子・メーガン妃の公式アカウント「サセックス・ロイヤル」には新しい写真とともに次のようなメッセージが投稿された。

「私たちは、直面する社会的な問題やテーマに基づいて、フォローするアカウントを変更し続けていきます」

「今月は、LGBTQ+(性的マイノリティー)のコミュニティを支援するアカウントに敬意を表します。若者たちも高齢者たちも、彼らの家族や友達も、過去を振り返り、より包括的な未来に期待して――」

「私たちはあなたたちと共に、そしてあたなたちを支援します」

「理由はとてもシンプル。つまり『愛は愛』だからです」

 この投稿について英紙が次々と報道。「デイリーメール」はメッセージの「love is love」をタイトルに引用。「エクスプレス」は「なんて、すばらしいことだろう」「ヘンリー王子、あなたのお母さんはあなたを誇りに思っているだろう」などコメントを取り上げて反響ぶりを紹介している。

 メーガン妃とヘンリー王子の公式インスタグラムは4月に開設。6時間足らずでフォロワー数が100万人を突破したことでギネス認定された。当初はエリザベス女王をはじめ、ウイリアム王子とキャサリン妃の公式アカウントなどロイヤルファミリーのメンバーの公式アカウントをフォローしていたが、突然フォローを解除。社会問題やテーマを支援活動をするアカウントをフォローしていくと発表して、5月は「メンタルヘルス」月間としていた。

(Hint-Pot編集部)