海外ニュース

メーガン妃 ウェディングドレスの前裾が「2cm短かった」理由 デザイナーが明かした秘話

著者:BANG SHOWBIZ、Hint-Pot編集部

タグ: , ,

結婚式のヘンリー王子とメーガン妃【写真:BANG SHOWBIZ】
結婚式のヘンリー王子とメーガン妃【写真:BANG SHOWBIZ】

 昨年5月ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂でヘンリー王子と結婚したメーガン妃のウェディングドレスは、世界から注目を浴びた。デザインを手掛けたジバンシーのデザイナー、クレア・ワイト・ケラー氏はこのほど、英グラツィア誌のインタビューで当時を振り返っている。ワイト・ケラー氏によると「つま先」の見せ方で「浮かんだ印象」になるように、こだわりがあったことが明らかになった。

 ◇ ◇ ◇

つま先の見せ方にもこだわり 「浮かんだ印象」をテーマに

 メーガン妃は、王室の一員として「新たな装い方」を模索していたという。ボートネックのドレスと共に、コモンウェルス(英連邦)53か国をそれぞれ象徴する花の刺繍が施された長さ5mのシルクベールも話題になった結婚式での装い。デザインを手掛けたケラー氏は次のように振り返る。

「挙式、そして彼女が王室に入る意味、今後の役割、何を象徴し、どんな感情を表現したいかなどを話し合いました。また王室の一員としての新たな装い方の模索、そしてその重みについてなどもです」

 デザインは、メーガン妃と密に話し合いながら進めていったそうで「彼女は、とても楽しみにしていましたよ。純粋なものですから、微細なことすべてが大切です。ボートネックは鎖骨のどこまで開けるか、また前の裾に関しては2cm短くして、つま先を見せ、彼女が『浮かんだ印象』を与えるようにしました」と続ける。

 またドレスに関しては完全に沈黙を守らなければならなかったという。「医者と一緒です。患者のことを他者に話すことは禁じられていますよね。私もそうしなければなりませんでした」

「あの時点まで、私達だけで親密にやってきましたから、そのスケールの大きさを単に自覚していなかったんですね。でも当日になって、多くの人々が手を振っている道を車で通り、これが莫大なことに気づいて圧倒されたんです」

 結婚式は世界各地に中継され、およそ19億人が見守る中、とり行われた。

 ワイト・ケラー氏は、この経験により、2人の間に強い絆が生まれたと話す。「私達の間にはある意味、壊すことのできない絆があると言えます。このような体験を一緒にすることは稀ですから、関係が深くなるのでしょうね」

(BANG SHOWBIZ、Hint-Pot編集部)