トレンド

メーガン妃 ヘンリー王子と家事分担で奮闘 近々“スーパーおばあちゃん”がカムバック?

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真提供:BANG SHOWBIZ】
メーガン妃とヘンリー王子【写真提供:BANG SHOWBIZ】

 ヘンリー王子とメーガン妃は、生まれたばかりの息子アーチーくんにメロメロな様子。以前からお互いの力を合わせて育てていこうと決心していると報じられているが、ふたりで家事分担などして奮闘しているようだ。ヘンリー王子は、もともと大の子ども好きとして知られている。出産から1か月、アーチーくんと「巣ごもり」状態にあると英メディアが報じている。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子がおむつ替えや料理も 英紙伝える

「巣ごもり状態で楽しんでいる」という見出しで、夫妻の育児の様子を報じたのは英紙「デイリー・メイル」だった。記事によると、ヘンリー王子とメーガン妃は子育ての分担に熱心だといわれており、ヘンリー王子がおむつ替えをし、自宅に招いたゲストのために料理を作ったりするそうだ。

 同記事によると、王室コメンテーターのキャロライン・デュランド氏がメディアに語ったところによると、息子が生まれて非常に幸せそうなヘンリー王子は、アーチーくんに会いに訪れた客に対し、「お茶」を淹れているという。 訪問者のなかには、チャールズ皇太子、ウイリアム王子、キャサリン妃、そしてメーガン妃の親友であるジェシカ・マルロニーとセリーナ・ウィリアムズが含まれている。

 ある王室関係者は「アーチーくんは、私が今まで見た中で最もかわいい。彼らはこの上ない幸せを感じていますよ」と話していたとデュランド氏は語る。

出産後のサポートをしていた母ドリアさん 再び訪英?

 メーガン妃が愛する母ドリア・ラグランドさんの存在が大きいと語る内部関係者もいる。ドリアさんは、アーチーくん誕生前にロサンゼルスからやってきて、娘のすぐそばに控えていたと話しており、メーガン妃は出産後、乳母の助けは避けて、実母の力を借りていたと証言した。

 滞在中、ドリアさんは子育ての手伝いだけでなく、母と娘で軽いヨガのセッションを楽しんだりもしていたのだそう。ドリアさんは“スーパーおばあちゃん”だったため、子育てに信じられないほど役に立ったそうだ。滞在中、夫妻に「不可欠」な存在だったと伝えられている。

 ドリアさんは、現在アメリカの自宅にいるが、また近日中に3人のもとへ長めの滞在をすると予想されているそうだ。

 また、最近の夫妻はアーチーくんを連れて、フロッグモアコテージで長い散歩をするのが習慣になっているようで、ある側近は「ご家族が美しい領地内を自由に歩き回り、楽しめるのは素晴らしい喜びです」と語っているという。

 実はヘンリー王子とメーガン妃の喜びようが報じられたのは、今回が初めてではなく、先月ヘンリー王子が設立したチャリティー団体、サンタバリーの会長であるジョニー・ホーンビー氏は、ヘンリー王子とメーガン妃がアーチーくんに夢中で、目が離せず、傍らから離れられない様子だと、明らかにしている。