海外ニュース

エリザベス女王 「パーティーアニマル」と呼ばれたヘンリー王子の子どもについて語っていた「冗談」とは

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

メーガン妃とエリザベス女王【写真:Getty Images】
メーガン妃とエリザベス女王【写真:Getty Images】

“パリピ”だった王子に5月、長男が誕生 女王の嬉しい“誤算”

 93歳のエリザベス女王にとって、5月に生まれたヘンリー王子とメーガン妃の第一子、アーチーくんは8人目のひ孫だ。かつて「パーティーアニマル」と呼ばれ、メディアを騒がせてきたヘンリー王子だが、女王はとてもかわいがり、アーチーくんの誕生をとても喜んでいたという。そして、英メディアは、ヘンリー王子の子どもについての女王の過去の発言について報じた。

 ◇ ◇ ◇

 英紙「デイリー・メール」の報道によると、エリザベス女王は、パーティー好きなことから「パーティーアニマル」といわれていたヘンリー王子について冗談を言っていたという。

 そして、雑誌「ヴァニティフェア」王室ライターのケイティ・ニコル氏の記事によると、エリザベス女王は8回目の曾祖母になることを喜んでいたそうだ。

「さほど昔ではありませんが、エリザベス女王はヘンリー王子が子どもをもつ頃には私は周りにいないわね、と冗談をおっしゃっていました。女王は93歳でアーチーくんを迎えました」

 ヘンリー王子の子どもを自分は見ることはないだろうとジョーク混じりに話していた女王にとってはうれしい“誤算”に。最年少のひ孫アーチーくんはヘンリー王子がメーガン妃との交際を公表してから2年後に誕生し、王室にたくさんの喜びをもたらしたのだという。

 ヘンリー王子とメーガン妃のロマンスは2016年の夏の出会いから始まり、2017年11月に婚約。2018年5月にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で挙式した。そして、今年5月には、長男のアーチーくんが誕生した。

 女王はアーチーくんの誕生を心から喜んでいるが、今週末に予定されるアーチーくんの洗礼式には、別の予定があり欠席予定だという。