健康・美

専門家が解説する「本当に正しいオーラルケア」 およそ6割の人がやっているNG習慣とは

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

強く磨くと虫歯や知覚過敏の原因にも…【写真:Hint-Pot編集部】
強く磨くと虫歯や知覚過敏の原因にも…【写真:Hint-Pot編集部】

口元の美しさにも直結 むし歯リスクを3倍に高めてしまう習慣とは?

 近ごろセルフホワイトニングや高級歯みがき粉などの広まりで、美容的にも注目されているオーラルケア。歯の白さだけでなく、歯ぐきも美しさには欠かせないポイントだ。もちろん健康面でも重要だが、どのように歯ぐきケアをすればいいか知らない人も多いのでは? 実は「磨きすぎ」が病気の基となることも。正しいオーラルケアについて専門家が解説した。

◇ ◇ ◇

 日々の歯みがきは最も重要なケア方法だ。オーラルケアブランド「クリニカ」を展開するライオンの調査によると、歯みがきの際に「強めに磨く」と答えた人は約6割だった。しかし、これが間違いなのだという。「ゴシゴシ磨き(オーバーブラッシング)はしてはいけません。歯ぐき下がりや、それに伴う知覚過敏や虫歯のリスクもあります」と、ライオン快適生活研究所・オーラルケアマイスターの太田博祟さん。

 歯ぐき下がりとは、歯肉が下がって歯の根本がむきだしになっていくこと。加齢や歯周病でなるケースも多いが、適切な歯みがきができていないことでも引き起こされる。そのため、20代でも歯ぐきが下がり、ほとんど歯肉がない状態になってしまう人もいるのだとか。また歯ぐきが盛り上がる(フェストゥーン)場合もあるそう。見た目にもよくないが、歯ぐきが下がった部分はそのほかの部分と比べて約3倍もむし歯になりやすいのだという。

 適切なブラッシング圧は150〜200g。具体的には、歯にブラシを当てるときに毛先が広がらない程度の力加減だ。毛が広がるような磨き方だと歯と歯の隙き間に毛が入らないだけでなく、毛先が磨きたいところに当たらない。2週間未満で毛先が開いてしまう人はオーバーブラッシングの傾向が強いので注意が必要だ。つい、歯ブラシをギュギュっと力任せにあてて磨いていないか、気を付けよう。

  • 歯みがき圧が強すぎるときちんと磨けない状態に
  • ライオンが提供する「ハグキチェッカー(HAGUKI CHECKER)」

 とはいえ、自分の今の歯ぐきの状態が正常かどうか、日々意識し続けるのもむずかしい。最近では「ハグキチェッカー(HAGUKI CHECKER)」というウェブサービスが登場した。歯と歯ぐきの写真を撮ると、AIが自動で歯を1本ずつ認識して歯ぐきの状態をチェックしてくれるという便利なもの。定期的に利用すれば歯ぐきの変化に気が付くことができそうだ。