育児・家族

赤ちゃんの股関節に気を付けて おむつ替え、抱っこ、寝ている時

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:新盛 淳司

タグ: , ,

赤ちゃんの足は両膝と股関節がM字の形で外側へ向く状態が好ましい【写真:写真AC】
赤ちゃんの足は両膝と股関節がM字の形で外側へ向く状態が好ましい【写真:写真AC】

意外なときに起きやすい赤ちゃんの股関節脱臼

 生まれたばかりの赤ちゃんは各自治体で3~4か月検診などで健康状態を確かめますが、首のすわり具合の確認とともに、主にチェックするポイントのひとつに股関節脱臼があります。赤ちゃんの股関節脱臼はなぜ起きるのか? 予防法はあるのか? トップアスリートのトレーナーを務める新浦安しんもり整骨院入船院の新盛淳司院長に解説していただきました。

 ◇ ◇ ◇

 新盛院長は、サッカー元日本代表MF中村俊輔(磐田)の個人トレーナーを務める傍ら、老若男女さまざまな世代やライフスタイルからの怪我やカラダの悩みと日々、向き合っています。

「先天性股関節脱臼(発育性股関節形成不全)は、生まれた時または生まれた後に股関節が脱臼をしている状態を言います。先天性股関節脱臼が診断されずに放置されると股関節の成長が障害され、長期的な機能障害につながる恐れもあるので、検診などを通して早期に発見し適切な治療をする事が重要です。原因は、先天的な因子や出生後の生活習慣など様々なものが想定されています。赤ちゃんの股関節は、開いた状態でM字の形になっているのが安定した状態です。ただ関節のはまり具合が緩いので、このM字が崩れた姿勢になると脱臼しやすくなります」

 赤ちゃんの股関節はやわらかく、両膝と股関節が十分に曲がったM字の形で、外側に開い状態が好ましく、股関節のトラブル回避には重要だそうです。

「生まれつきの場合もありますが、抱き方やおむつのあて方ではずれやすくなる場合もあります。M字ではなく、両脚が伸びている状態は赤ちゃんにとっては理想的な状態とは言えません。閉じている状態も良くありません」

 たとえば、抱っこの時に横抱きして開脚の姿勢が取れていなかったり、おむつ替えの際に脚を伸ばして持ち上げたりしていませんか? 両脚を外から締めつけて動きにくいような、きついオムツをしたり、洋服を着せたりしていませんか? 股関節脱臼は、意外なときに起きやすいのです。