趣味・レジャー

一度は体験したい芸術のガーラ・SENSORIUMの全貌ルポ! 後半 ーSFオペラハウスー

著者:パツワルド敬子

タグ: , , , , ,

 アメリカ・サンフランシスコに在住の美容家で翻訳家のパツワルド敬子さんがアメリカ発のトレンド情報をお届けします。歴史と最新技術、アートが融合したサンフランシスコ発の体験型イベントに潜入。日本人の既成概念を覆す、アメリカならではの自由な空気感を感じてみてください。盛りだくさんの情報を、2回に分けてお伝えする、後半編です。

 ◇ ◇ ◇

 前半に引き続き、イベントの様子をお届けします。体験できるブースがあるのも、楽しさを倍増させてくれます。

崩れにくいように、ポニーテールを土台にするバレエならではのシニヨンヘア【写真:パツワルド敬子】
崩れにくいように、ポニーテールを土台にするバレエならではのシニヨンヘア【写真:パツワルド敬子】

All about the ballet bun(バレエといえばシニヨンヘア)

 バレリーナが行うまとめ髪・シニヨンヘアのことを、英語でBunと言います。身体のバランスを重視するダンスなので、頭を小さく見せる目的も兼ねているのだとか。

 こちらのブースでは、サンフランシスコバレエ団に所属するヘアスタイリストたちの手によって、希望者の髪型をバレリーナスタイルに。激しく動いても乱れない“あの”シニヨンヘアを実際に体験していました。

 さてここで、記憶力のテスト!? 先ほどの写真で、バレリーナヘアを体験中の方たちの服装を覚えていますか? 似合っていて素敵ですが、ややカジュアルな格好ですよね。しかし彼女たちの後ろには、ドレスをまとった女性も写っています。

タキシードの男性や、フロアレングスのドレスを着た女性も【写真:パツワルド敬子】
タキシードの男性や、フロアレングスのドレスを着た女性も【写真:パツワルド敬子】

 なんとこのイベントにはドレスコードがありません。そのためフロアレングスのドレスをまとう女性や、タキシードの男性などエレガントな服装の方と、カットソーにジーンズといったカジュアルな服装の方が混在しているのです。

 もしこのイベントが日本で開催されていて、あなたも参加するとしたら、まず服装を気にしませんか? いくらドレスコードが無いと言われても、人と違い過ぎないように、場の雰囲気を壊さないように……と考えてしまいますよね。

エントランスホールを2階から撮影。天井の高さと賑わう人々が印象的【写真:パツワルド敬子】
エントランスホールを2階から撮影。天井の高さと賑わう人々が印象的【写真:パツワルド敬子】

 しかし、ここはアメリカ。アカデミー賞授賞式に女優が着るようなドレスを選んでもいいし、Tシャツにデニムで来場したって誰も白い目で見たりしないのです。大切なのは、芸術を楽しむこと。