趣味・マナー

胸元の印象で差をつける レディーススーツを着こなすインナー選びのコツ

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:山崎 友子

タグ: , ,

 新年度にスーツを買ってはみたものの、ジャケットの中に着るインナーをどうするか、迷うところです。「実は、スーツスタイルで一番目につきやすいのは胸元。人と話すとき、視線を下にはずすという方も多いのではないでしょうか。そんなときに自然と目に入ってくるのが、胸元なんです」というのは、大人カジュアルなブランド「ランズエンド」の広報・山崎友子(※)さん。襟付きのシャツやフリルのついたブラウスなどを、スーツスタイルに合わせる人も多いのではないでしょうか。

 ジャケットスタイルに外せない定番アイテムといえるシャツは、かちっとした印象になります。ブラウスはシャツの一種ですが、男性ものもあるシャツとは違って女性向けの服。丸みを帯びたデザインや、フリルやリボン、ドレープなどのデザインのものも多いので、スーツをフェミニンに着こなすのに活躍しますよね。どちらも正解ではあるのですが、選び方を間違えると、襟付きシャツは堅苦しい印象になってしまったり、逆にフリルが付いたデザインは野暮ったい印象になってしまうことも……。

 ほかの人とおしゃれで差をつけるためには、ネックラインにバリエーションが出せるカットソーを活用したいところ。山崎さんは「インナーの襟ぐり次第で、同じジャケットを着ても、印象ががらりと変わります」といいます。襟ぐりの印象の違いを知って、上手に着まわすとおしゃれ度もワンランクアップしそうです。山崎さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇