恋愛・結婚

「もしかして浮気してる?」…夫やカレにそう思うアナタが、やっているかもしれないこと

著者:和栗 恵

タグ: , , ,

相手の浮気を疑ってしまう(写真はイメージです)【写真:ぱくたそ】
相手の浮気を疑ってしまう(写真はイメージです)【写真:ぱくたそ】

 夫やカレに浮気された! そういう経験がある女性はいますか? 離婚理由でも「配偶者の浮気」が上位にある昨今。20年以上、世の中の男女の仲の傾向やクセを見続けてきた、ライターで恋愛コラムニストの和栗恵さんが綴る「男の浮気」と「円満対策」をお届けします。

 ◇ ◇ ◇

男は浮気をする生き物? 恋愛は長続きしないのか

 平成29年度に行われた厚生労働省の調査によれば、日本の離婚数21万1000件以上にのぼるといいます。年々減少傾向にあるようですが,婚姻件数も減っている現在、ゆゆしき事態であることは間違いありません。

 離婚理由で多いといわれるのは、男女ともに「性格の不一致」。そして「配偶者の浮気」もよく耳にします。性格の不一致は仕方ないにしても、相手の「浮気」は防げるのかもしれません。どうすれば浮気されることなく、平和な結婚生活・恋愛生活を送ることができるのでしょうか。

『男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためならなんだってしてくださるでしょ。たったひとつ、してくださらないもの。それはいつまでも愛しつづけるってことよ。』と、かの詩人オスカー・ワイルドが記しているように、男性の(もちろん女性もあると思いますが)恋愛は、長続きしないことが昔から知られています。

 近年、「恋愛には寿命がある」ということが研究され、報告されています。人間の脳内にあるフェニルエチルアミンという物質が恋愛と関係し、誰かを好きになるとこの物質が放出され、一種の“麻薬”のように脳内を幸せで満たしてくれるのだそう。しかし、残念ながら長く放出されることはなく、1年半~3年ほどでその効果が切れてしまい、相手への愛を保ち続けることが難しくなってしまう、など言われています。

 女性のほとんどは「恋愛」が冷めても「情」へと置き換えて生活を続けることができるのですが、男性の多くはフェニルエチルアミンのもたらす快感を求めて別の「恋愛」を探しがち。そうして男性の多くが、浮気や不倫に走ってしまうという、という説もあるそうです。

 ちなみに、夫やカレが風俗などのプロによるサービスを受けるのは浮気なのか、どうか……。さまざまな意見があると思いますが、個人的には立派な浮気だと感じています。そして、そのケースはけっこう多い、と言えるのかもしれません。もし機会があれば、朝8時、9時の渋谷や上野といった風俗街に行ってみてください。私は、仕事柄よく目にするのですが、驚きますよ。どうみてもそうした浮気などしそうにない、地味なサラリーマンがぞろぞろと、風俗案内所に消えていくのですから……。