暮らし

宴会でうっかりついた衣類のシミ その時あなたはどうする? 達人が指南

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉(ブライト)

タグ: , , ,

水溶性か油溶性か 正しい応急処置を知っておけば焦らない

 では、どう応急処置するのが良いでしょうか? 大貫さんによると、まずシミの汚れの種類がなにかを把握することが大切になるそうです。

「飲食などで付くシミは、水や洗剤で落ちやすい水溶性と、ベンジンやアルコールなどで落ちやすい油溶性の2種類に分けられます。種類によって、応急処置のやり方が違います」

○水溶性のシミや汚れ(しょうゆ、コーヒー、ワイン、焼肉のタレ、パスタ、カレーなど)
ついた固形物をティッシュでつまみとった後、水で濡らしたハンカチやティッシュなどでつまんで汚れを移し取り、最後に乾いたテッシュなどで水分を取るのが良いでしょう

○油溶性のシミや汚れ(バター、チョコレート、ファンデーション、口紅など)
乾いたティッシュでつまみ、油分を移し取るだけにしておきましょう

 とりあえず応急処置をしたら、あとは帰宅後にできるだけ早く処理をします。