暮らし

宴会でうっかりついた衣類のシミ その時あなたはどうする? 達人が指南

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉(ブライト)

タグ: , , ,

家庭洗い可か不可か 帰宅後すみやかに衣類の洗濯表示をチェック

 帰宅後、家庭で水洗いできる衣類は、シミ部分に前処理してから洗濯するのがシミ抜き成功のカギになります。まずは衣類の洗濯表示を確認し、家庭で洗えるか、酸素系漂白剤が使用できるかをチェック。ここでもやり方が分かれます。

○家庭で洗濯できる場合
シミ部分の前処理がポイント。食べ物のシミには液体酸素系漂白剤の原液を、口紅やファンデーションにはおしゃれ着用の洗剤を原液のまま直接ぬって繊維に浸み込ませてから普段通りに洗濯機か手洗いで洗いましょう。

○すぐに家で洗えない衣類の場合
和服や皮革製品、高級ドレスなど大切にしている衣類は、無理して家庭でシミ抜きせず、専門店にお願いしましょう。家で処理したい場合は、シミ抜きをする前に、使用する薬剤を目立たない部分につけて叩き、色落ちやシミができないことをまず確認し、次の手順を行います。

1、シミ汚れを取るタオルを用意し、その上にシミがついている面を下(タオルのほう)に向けて置き、シミを裏から叩きます
○水溶性のシミ
かたく折りたたんだハンカチに水で薄めた洗剤液(100ccの水に、おしゃれ着用の洗剤2mlを溶かしたもの)をつけて、シミの裏側を周囲から内側に向けて叩きます。タオルの位置をずらし、シミが落ちるまで繰り返します。汚れが落ちたら、別のハンカチに水をつけて、叩いて、洗剤液を落としましょう。輪ジミを防ぐため、水をつけたハンカチで、シミの周りをぼかします
○油溶性のシミ
ハンカチにベンジンや消毒用のアルコールなどの溶剤をつけて叩きます。落ちなかった場合は、水溶性のシミ手順を試しましょう

2、シミ抜きした衣類は、必ず自然乾燥させます。アイロンやドライヤーなどで熱をかけるとシミの成分が残っていた場合に、変質して落ちにくくなるので注意が必要です

「やっちゃったー!」と、うっかり服についたシミ汚れも、処理の方法を知っていれば、慌てないですよね。気持ちよく年末年始の宴を楽しみましょう。

(Hint-Pot編集部)

大貫 和泉(おおぬき・いずみ)

消費生活アドバイザー、繊維製品品質管理士、健康予防管理専門士。2児の母親としての経験と研究活動を融合して、女性目線で洗濯に役立つ情報を分かりやすく伝えるお洗濯マイスター。ライオンの洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わる。
https://bright.lion.co.jp/