育児・夫婦

子どもが好きになる読み聞かせ ついやってしまいがちなNGポイントまとめ

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:竹内 美貴子

タグ: ,

読み聞かせをする親子(写真はイメージです)【写真:写真AC】
読み聞かせをする親子(写真はイメージです)【写真:写真AC】

 子どもの言語力を育むために、「読み聞かせ」に注目しているお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。しかし、単に本を読んであげれば、読解力や語彙力、文章表現力などが身につくわけではありません。それに、子どもがなかなか興味を持ってくれなかったり、集中しなかったりと、苦労したという話もよく聞かれます。そこで、国内外の絵本研究に携わり、絵本を使った英語教材の制作などの経験もある、ラボ教育センターの竹内美貴子さんに、上手な読み聞かせについて聞きました。今回は「読み方」がテーマです。

 ◇ ◇ ◇

 竹内さんによると、「読み聞かせは、文字や内容を教えるためのものではなく、子どもの心を満たし自己肯定感を育むためのもの」ということです。かといって、コミュニケーションをとることばかりに気を取られて、子どもの楽しみを奪ってしまってはいけないと指摘します。

 竹内さんに「大人の都合」で、つい読み聞かせでやってしまいる「うっかりポイント」を聞きました。