暮らし

あなたはズボラ?几帳面? 整理収納のプロが語る性格別の掃除テクニック

著者:和栗 恵

教えてくれた人:整理収納アドバイザー 伊藤まき

タグ: , , ,

掃除はストレス?(写真はイメージです)【写真:写真AC】
掃除はストレス?(写真はイメージです)【写真:写真AC】

今の掃除・収納方法を見直し! あなたの性格に合っていますか?

 掃除・収納がストレスだったり、苦手意識を持っている方、多いのではないでしょうか。整理収納アドバイザーの伊藤まきさんは、長年の経験から「仕事上、掃除がヘタな人、整理整頓が苦手な人などさまざまな方を見てきていますが、掃除がヘタ、苦手、と言う人の多くは、ご自身の性格に合っていない掃除や収納を行っていることが多いです」と語ります。梅雨入りし、カビの季節。この機会に自身の掃除習慣を見直してみましょう。

 ◇ ◇ ◇

几帳面さんはすぐに掃除ができるアイテム選びが大切!

 伊藤さんによると、「まずは、ご自身の性格をきちんと把握し、その性格に合った収納・掃除術を身に着けるようおすすめしています」とのこと。

 たとえば掃除。自身がとても几帳面で、やや潔癖な傾向の性格であるならば、気になる部分を見かけたらすぐに掃除・除去ができるよう、軽量のスティックタイプで部屋に馴染むオシャレなデザインの掃除機を複数用意し、部屋ごとに用意しておくといいでしよう。

 几帳面な性格の方は、一度汚れやほこりが気になったら最後、キレイにするまで気になり続けるもの。掃除機を物置に収納してしまうと思いついたときにすぐに片付けることができず、イライラを溜め込んでしまい、そのストレスを誰かにぶつけてしまいがち。家族にあたってしまう前に、サッとお部屋がきれいになれば……確かに、ノンストレスで毎日を送ることができそうですよね。

 収納を考える際は、仕切りが細かくついている洋服棚を用意したり、引き出しに入れる整理ボックスを活用したりするなど、見た目に美しく整理収納できる家具・収納グッズを選ぶのがコツなのだそう。

「収納すること=部屋が美しく楽しくなること」のように脳内に位置づけしていくことで、日々の掃除や収納が楽しく行えるようになります。

 また、汚れが目立ちにくいカラーの家具やじゅうたん、カーテンなどを選ぶのも、心地よく過ごすためのコツ。常に美しく整頓された状態を目にできる環境を整えることで、自然とその環境を「維持しよう! 掃除しよう!」という意欲が沸いてくるといいます。