料理・グルメ

上に育つ野菜は立てて保存 美味しいコツをプロが伝授

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:鈴木 智哉

タグ: , , , ,

 冬が旬の葉物野菜は、寒くなってくるほど、味が濃くなってうま味が増すそうです。新鮮なものを選びたいですよね。ほうれん草や小松菜、水菜などがおいしい季節。福島県郡山市の「鈴木農場」四代目の鈴木智哉さんに、葉物野菜の「目利きのコツ」と「保存や食べ方」についてお話を聞きました。

寒くなるほどおいしい葉物野菜【写真:鈴木智哉】
寒くなるほどおいしい葉物野菜【写真:鈴木智哉】

葉物野菜は葉が命 張りがあってみずみずしいものを選ぶ

――おいしい葉物野菜を選ぶ上で一番のポイントは何ですか?
「葉物野菜は鮮度が命です。特にサラダや葉物の食感を楽しみたい場合は、なるべく収穫してから日が短いものを購入するのが良いでしょう。スーパーなどでは収穫してからの日数がわかりにくいことがあるので、もしご近所にファーマーズ・マーケットや直売所などがあれば、農家の人と直接お話しながら、鮮度の良い野菜を選んで購入できるのでお勧めします」

――見分けるコツはありますか?
「葉物野菜全般のコツとして言えることは、基本的に葉先まで張りがあり、みずみずしいものが新鮮です。また葉の色が全体的にしっかりしているものが良いでしょう。黄色くなっているものは、劣化しているため選ぶ際は注意が必要です」