暮らし

おうちでできるやさしいおてあて 「ぬか袋カイロ」を作ってみよう

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:「ふくろう堂」ちえ

タグ: , ,

 身体をじんわりと温めてくれる「ぬか袋カイロ」。これから寒さが厳しくなる季節、小さなお子さんを持つママ層に今、じわりと人気になっています。電子レンジで1分ほど温めるだけで、繰り返し使えるから環境にもやさしい。材料は米ぬかや塩などの食材やハーブなどの自然素材なので、お子さんにもやさしい。さらに、作り方もやさしいので、ぶきっちょさんも手軽に作れます。“やさしい”ところが人気の秘密。しかも手作りならオンリーワンのおしゃれ温めアイテムに。タイ古式セラピーサロン「ふくろう堂」のセラピストちえさんに、教えてもらいました。

ほっとしたい時の相棒に【写真:Hint-Pot編集部】
ほっとしたい時の相棒に【写真:Hint-Pot編集部】

身体にも環境にもやさしいとっておきの温めアイテム

 ちえさんのサロンでも大活躍するという「ぬか袋カイロ」。「ほぐす前にお客様の身体をあたためるときにも使います。じんわり、優しく、長く続く温かさがお客様にも好評で、温めることでめぐりがよくなり、身体がゆるみやすくなります。市販のものもありますが、自分で選んだ生地、好みのハーブを入れて、オリジナルを作るのも楽しいです。自然素材や食材で作るので、お子さんや赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使うことができます」とちえさん。思い出のある布、着なくなった子供服などで作れば、愛着もひとしおですね。選ぶハーブや刺繍糸によっても、香りや色合いが違う「ぬか袋カイロ」になるので、まさに「世界にひとつ」だけのオリジナル。心のこもった温めアイテムで、寒い季節を乗り切りたいです。