健康・美

なぜ冬のメイク直しがうまくいかないのか? 原因とコツをプロが解説

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:梅沢 優子

タグ: , , ,

乾燥の季節はメイク直しをしてもヨレたり厚塗りになったりうまくいかないことも【写真:photolibrary】
乾燥の季節はメイク直しをしてもヨレたり厚塗りになったりうまくいかないことも【写真:photolibrary】

テカっている時も保湿が大切 メイク直しでファンデ即塗りはNG

 冬のお肌はワガママです。しっかりとメイクをしてお出かけしても、気が付くとテカっていたり、パサパサと粉ふき状態になったりしていませんか? 直しても上手にファンデーションがのらずにヨレてしまったり、または厚塗りになってさらに化粧崩れを悪化させるなど、悩む人も多いのでは。乾燥する季節こそ、しっかりメイク直しの基本を覚えておきたい!ヘア&メイクアップアーティストとして活躍する梅沢優子さんに「冬のメイク直しのコツ」を聞きました。

――メイク直しって、そもそもファンデーションを塗り直すということ?
「ファンデーションがとれかかった場所に、ファンデーションを塗り直せばメイク直しができるという人が多いかもしれませんが、それだけではうまくいかないと思います。むしろ厚塗りの老け顔になったり、粉ふき顔になったりします。メイク方法にもよりますが、一般的に出先での化粧直しには、スプレー式の保湿化粧水があると便利です。スプレー式の保湿化粧水を手に取り、なじませた手を顔にあてます。もし、手が濡れるのが嫌な場合は顔にティッシュを1枚当てて上からスプレー式の保湿化粧水をかけます。それからファンデーションを塗り直すほうが良いでしょう」

――テカリが気になる場合は、まず皮脂を取ってから直したほうが良いですか?
「テカリが気になる人は、脂性肌と思っている人が多いかもしれませんが、実はこの時期のテカリは乾燥によって起きているケースも。そこであぶらとり紙できっちりと皮脂を取りすぎてしまうとかえって悪循環になるので、ティッシュペーパーで抑える程度にすることをお勧めします」

――脂性肌だからではなく、乾燥でテカるのですか?
「そうです。脂性肌だからと保湿を控えたり、肌の皮脂をきっちりと取りすぎたりすると、さらに肌が乾燥してテカります。通常、肌は水分と油分のバランスを保ちながらコンディションを整えています。ところが乾燥して水分不足になると、肌が自身を守ろうとして皮脂を過剰に分泌し、それがテカりの原因になります。乾燥の時期はスキンケアでたっぷりと保湿ケアを行うことが大事です」