動物・レジャー

東京ディズニーランドに今冬初登場! クリスマスの妖精グッズに注目 完売アイテムも

著者:Hint-Pot編集部・西村 綾乃

タグ: ,

(左から)リルリンリンのショルダーバッグ2900円(縦約36×横約18cm)。きんちゃくセット、3枚で2200円(上:縦約20×横約12cm、下2枚:縦約19×横約17cm)(c)Disney
(左から)リルリンリンのショルダーバッグ2900円(縦約36×横約18cm)。きんちゃくセット、3枚で2200円(上:縦約20×横約12cm、下2枚:縦約19×横約17cm)(c)Disney

 クリスマスイベント開催中の東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)に、11月8日から聖夜の妖精をモチーフにした新キャラクターがお目見えしました。今年初登場したその妖精の名前は「リルリンリン」。ノルディック柄の「セーター」(5900円)や収納ケース付きの「ブランケット」(4500円)、スーベニア「タンブラー」(2600円)といった雑貨からチョコレートなどのお菓子類まで17種のグッズが登場。すでに完売品も出るほど注目されています。現在、両パークのあちこちでその愛らしい姿を見つけることができますよ。

 ◇ ◇ ◇

パークでおうちで リルリンリンと一緒のクリスマス

 ベルのワンポイントが付いた赤色のとんがり帽子をかぶり、赤・緑・白とクリスマスカラーの暖かそうなマフラーを巻いたリルリンリンは、ショーなどに登場しないキャラクター。グッズのみの展開とあり、クリスマス気分を盛り上げたいファンから注目されています。

「リルリンリンのぬいぐるみを連れて歩いているよう」と話題の「ショルダーバック」(2900円)は子どもから大人まで人気。「パークの外でも使いたい」という人には、リバーシブルの「トートバッグ」(2900円)が支持されています。

 雪の結晶などがデザインされた2枚セットの「ミニタオル」(1600円)と、3袋セットの「きんちゃく」(2200円)は手頃な価格ということもあり、「家族やパートナーとシェアできる!」と手に取る人が多いよう。3袋のうち1つは「リルリンリン」のシルエット型をしており、愛らしさも満点です。

 東京ディズニーランドでは「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム 東京」で、ディズニーシーでは「スリーピーホエール・ショップ」でグッズが販売されています。

スーベニアランチグッズは東京ディズニーランドでのみで取り扱う(c)Disney
スーベニアランチグッズは東京ディズニーランドでのみで取り扱う(c)Disney

ランド限定! スーベニアランチグッズにもリルリンリン

 また、パークで楽しい食べ歩きでも、リルリンリンの限定グッズをゲットできます。東京ディズニーランドでは、ソフトドリンクや軽食と一緒にオーダーできるランチケースなどがセットになったスーベニアグッズが登場しています。

 プラス1500円で入手できるスーベニアランチグッズは、リルリンリンとクリスマスのオーナメントが描かれたランチケース、ランチクロス、リルリンリンのモチーフ付きのランチバンドの3点セットです。ランチクロスには、いろいろな角度から見たリルリンリンやシンデレラ城の他、パークの施設をモチーフにしたオーナメントなども描かれており、遊び心がいっぱい。一度の注文で3つまで購入可能です。

 スーベニアランチグッズの取り扱いは「東京ディズニーランド」のみ。ワールドバザール内の「スウィートハート・カフェ」、同「リフレッシュメントコーナー」、ウェスタンランド内の「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」、ファンタジーランド内の「キャプテンフックス・ギャレー」、トゥモローランド内の「トゥモローランド・テラス」と5つの飲食施設で注文することができます。

裏にホワイトチョコレートが付いたリルリンリン型のクッキー(12枚入りで900円)(c)Disney
裏にホワイトチョコレートが付いたリルリンリン型のクッキー(12枚入りで900円)(c)Disney

スイーツも充実 リルリンリンの形をしたクッキーも

 パークの楽しい思い出を、一緒に持ち帰ることができるお土産。お友達にプレゼントしやすいスイーツも充実しています。

 スーベニアショップでは、ミルクやイチゴ味のチョコレートで柿の種がコーティングされた「チョコレートカバード・柿の種」(10袋、800円)などのバラマキ土産はもちろん、リルリンリンがデザインされたかわいい缶入りの「アソーテッド・チョコレート」(10袋、1000円)やリルリンリンの形をした「クッキー」(12個、900円)など7種のお菓子類を販売。「缶のデザインがかわいくて、食べた後に何を入れるのかも楽しみ!」と好評です。

 クリスマスのイベントは12月25日(土)まで。※価格はすべて税込

(Hint-Pot編集部・西村 綾乃)