料理・グルメ

納豆と合う食材は? 達人推奨ワンランクアップの3つの秘訣とは

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:門傳 英慈

タグ: , ,

納豆の保存は冷蔵庫か冷凍庫へ【写真:写真AC】
納豆の保存は冷蔵庫か冷凍庫へ【写真:写真AC】

その2 食べ切れなければ冷凍保存に。ひと手間で風味の豊かさキープ

 納豆は10度以上の場所に保管しておくと一気に発酵が進んでしまい、風味が落ちたり、臭いがキツくなります。逆に10度未満の環境であれば、美味しさを長く保つことができるため、冷蔵庫の中にいれておけばチルド室など場所にこだわらなくてもOK! また、納豆菌は0度以下でも死滅することはないため、冷凍をしても品質が大きく変わりません。実際に輸出される納豆は1年の賞味期限が設定されているほどです。多く買ってしまった、食べそびれたと思えば早めに冷凍してしまいましょう。冷凍する際にそのまま入れてしまってもいいですが、フリーザーバッグの中に入れるたったひと手間で、乾燥や冷凍ヤケ、ニオイ移りを防ぎ、より風味豊かに食べることができます。

 また、ベストな解凍方法は食べる数時間前に冷蔵庫に移しておくこと。いきなり常温で戻すより、10度以下の環境で解凍した方が冷凍したときと近い状態で楽しむことができます。また、電子レンジは絶対にNGとのこと。急速な解凍は風味や粘り気が落ちる原因になるからです。

 ちなみに納豆が腐っているか見分ける方法は?
「発酵とは厳密に言えば、腐っている状態のこと。しかし、人間にとって有用なのが発酵で、害がある状態が腐敗ということになります」と門傳さん。

□カビが生えている(緑、白など)。
□ツユが出てくる。
など、見た目に明らかな変化がある場合は食べるのはやめましょう。